Felicidades Rafa !

ロンドンの芝に、燃えた2週間。
決して「萌え〜」などという、生ヌルいもんじゃない。
シェリーは何本空いただろう。
6日の男子決勝戦、この日を、待っていた・・・

e0018374_1473719.jpg

                 <elmundo.es Multimedia より>

ついに、やった!
マジョルキン、ラファエル・ナダルが
芝の王者ロジャー・フェデラーを制して
念願のウィンブルドン初タイトルを手にした!!

5時間近い死闘
ナダルが巧者フェデラーに対し、堂々のサービスキープ。
驚異的なグリグリのストローク&フットワークには舌を巻いた。
また、2セットダウンから奮起したフェデラーも凄かった。
世界No.1 の底力を見せつけた。
2セットオールに持ち込まれた時は、
「まさか・・・?」とイヤな予感すらしたが。

ナダルは、落ちついてファイナルセットを戦った。
負ける気がしなかったのではないか。
そう思うくらい、フェデラーよりも冷静だった。

「三度目の正直」で、
彼がチャンピオンシップポイントをものにした瞬間
身体中の血という血が巡り巡り、
溜まりに溜ったアドレナリンが大放出!

夜10時から翌朝5時まで、この日ばかりは
ほとんど飲まず、TV観戦。
というか、飲んでいる暇がなかったのだが。
明け方ということで、静かにひとり、感動に浸った。

歓喜に沸くナダルと家族。
その傍らで、佇んでいる元王者・フェデラーの
辛そうな顔を見た時、胸に"グッ"と迫るものがあった。
ここまでの5年間、ウィンブルドンでは無敗で
王座を守ってきたのだから。
常人には計り知れない、様々な思いがあったのだろう。
彼は現在もATPランキング No.1だ。

彼らのプレーは、信じられないことの連続。
それを、当たり前のようにやってのける体力と技術、そして精神力。
ウィンブルドン史上最高の名勝負、とも讃えられた
ラファは22才、そしてフェデラー26才。
これからどう進化していくのか・・・

こりゃ、目が離せませんわ!!

今夜あたり、CAVAで乾杯と行くか!!!

(スペインの新聞elmundo.comより)
芝の上の絶頂(西語)
フェデラーVSナダル対戦結果(西語)
[PR]
by irdecopas | 2008-07-08 14:57 | テニス El tenís
<< Barbadillo のはずが・・・ 不満 >>