人気ブログランキング |

Bar Marian

行ってきますという間もなく
「ただいま戻りました!」

11月18日〜24日
晩秋のMadrid は、例年にない悪天候
夜間は氷点下、日中は氷雨と
極寒であった上に
同行者の不運の出来事
悪夢のような数日を過ごし
一瞬もう日本に戻れないか?とも
思ったけれど(笑)
帰る間際にはスペインらしい晴天に恵まれ
何とか無事に帰国致しました。

時差ぼけで眠れないので
レポートを少しずつ。

Madrid を訪れたのは、ほぼ4年ぶり。
我々がお世話になった宿の近く
Tirso de Molina にある
Bar Marian
典型的な下町バルの一つ。
到着の便が夜遅かったので
夜中までやっているところで軽く一杯と
Dボスに連れられて行った。

Boquerones en vinagre
e0018374_0582640.jpg

やっぱり、キツ目の酢とニンニクにスペインを感じる(笑)
パセリも、茎まで全部惜しみなく?
疲れた身体に、するするっと入る。

Patatas Bravas
e0018374_122343.jpg

ブラバスソースという、ちょっと辛めのタレが癖になる。
世界中で愛されるポテトフライ。
手剥きのジャガイモが甘くてウマい。
ああ、ジャンクな愛すべきタパス。

「何か好きなもの頼んで」とボスに言われ
羊の腸をブドウの枝に巻いて焼いた料理が
名物だと聞いたので、それが食べたいと言ったら
「深夜に重すぎる」と敢えなく却下。

それでは、と目の前のケースに鎮座していた



Pimientos de Málaga
e0018374_1161448.jpg

デカイ、甘苦い、クタクタ。
三拍子そろった、マラガピーマンのフリット。
ヘタもタネも全部付いたままだから旨いのだ(きっと)
丸ごと、口の中へ放り込む。

Amstelというオランダのビールがここのカーニャ。
e0018374_123225.jpg

さっぱりして美味しかった。

寝酒に、赤を一杯。
e0018374_1361436.jpg

コルチョの粉が浮いてるけれどおかまいなし。
この手のグラスを使う日本のスペインバルも
最近時々見かけるけれど、
ここまで注いでくれる店は今だナシ。

上記タパスとビール2杯&ワイン、パンと
無料のモンタディートとミックスナッツも頂いて
4人で一人7ユーロ。約1000円・・・

¡Muchas gracias, Guapos!
e0018374_1444243.jpg

by irdecopas | 2007-11-18 23:30 | Madrid マドリー
<< Casa de Valencia Lentejas estofadas >>