極楽露天 en 神和苑

泊まったお宿は『神和苑(かんなわえん)
露天風呂が素晴らしい(&高い)ことで有名らしく、
観光案内所の人にもそう告げられた。
直接行ってみると、こじんまりと落ちついた佇まい。
建物の脇には源泉が湧き出て湯煙がたっている。

宿泊料を尋ねると
日本橋の三ツ星スペインレストランのコース料金より高く、
一瞬ひるんだものの
また来られるかどうかわからない秘湯・・・
「ええい、ままよ!」と、独断で露天風呂付きの部屋を決めた。
e0018374_10523389.jpg

昭和初期に山口の炭坑王が建てた別荘。
ここのお風呂は日ごとに色が変わって いくのだそう。

シーズンオフの週始め、お風呂は常時貸し切り状態。
お湯の色、手前と奥で違うのがわかるでしょうか・・・
e0018374_1119569.jpg

手前はコバルトブルー
e0018374_11201519.jpg

奥は紫がかった透明
e0018374_11203554.jpg




部屋の露天風呂では、ちょうど日の出で興奮状態。
e0018374_1134714.jpg

眼下には14,000坪の日本庭園と湯煙
e0018374_11343539.jpg

別府の海も見えた。
e0018374_11345512.jpg

朝方のお湯の色
e0018374_11354846.jpg

朝ご飯は食事処にて。
e0018374_11505450.jpg


ここには出せなかったが、素晴らしい大露天風呂もあり
まさに至福の温泉天国。
半ばやけくそで、泊まって良かった。
大袈裟だが、
スペインに行けなかったのも、ここに来るためだったのかもしれない・・・
そんな風に感じたお宿。
[PR]
by irdecopas | 2007-02-20 07:00 | 九州 kyushu
<< ウマかもん巡礼 en 熊本 湯けむりの里 en 鉄輪温泉 >>