海のアネモネって?

チャンパネリアを後にして、バルセロネータの海岸沿いまでほろ酔い散歩。
目指すは「Restaurante KAIKU」
訪問した画家夫婦の娘婿がオーナーのレストラン。
ちょいと物見胡散でやってきた。

店内は満員。メニューはカタランのみ。
昼しか営業していないというが、目の前がビーチなのでそれも頷ける。
魚介が食べたいとバスク出身のオーナー・ラファさんに告げると
お薦め料理をいくつか出してくれた。
『Zamburinyes a la planxa』ベビー帆立の鉄板焼き
e0018374_12172125.jpg
しょうがとライムのソースを添えて。これは良い。そのままでも充分旨いが。

『Berberechos a la planxa』ベルベレーチョの鉄板焼き
e0018374_12215839.jpg
ベビー赤貝とでも言おうか。プチプチしてホントに旨いのだ。
サッと火を通して塩味のみ。お好みでレモンを搾って、、
食べるのに熱中して撮影を忘れたので少し量が減っている。

『Serviola amb tomàquet confitat olivada i pinyones』
セルビオラのソテー トマトのコンフィ、オリーブオイルと松の実添え
e0018374_12304990.jpg
ジャガイモも添えられてほっこりとした味。見た目より素朴な一皿。
注文時、セルビオラが何の魚だか分からず、キッチンに連れて行かれ鍋に煮えたぎる頭(アラ)を見せてくれた。
皆口をそろえて「日本では高級魚で寿司ネタにもなってるぞ〜」と言うのだが、、、
のちに「かんぱち」と判明。なるほどね 

食べ足りないけどパエジャ食べるほどじゃない・・・
で、頼んだのが今回の目玉
『Anemona en tempura Un cruixent de mar que es desfá a la boca』
テンプラ?アネモネ? カタランで「口の中でとろける海のカリカリ」と書いてあるらしい。
e0018374_12515424.jpg

恐る恐る口の中へ・・・外はカリッと 中はとろーり。味はほろ苦く牡蠣フライのよう。
「これ、イソギンチャク!!!」思わず叫ぶ。
某スペイン料理店の店主が教えてくれた、この時期旨い海の珍味。
サンルーカルのバルで食べるつもりが、全店お休みでありつけなかったのに
こんなところでいただけるとは! しかも旨い。
アリオリっぽいソースをつけても、つけなくても。

ワインはただ白、と頼んだら出てきたのが
『Castell del Remei Blanc Planell 2004』
ソーヴィニョン・ブランとマカベオの爽やかなハ〜モニ〜
e0018374_12582137.jpg
■KAIKU
Passeig Juan de Borbo, 74
Pla. de Mar, 1 La Barceloneta
Tel. 93 221 90 82


カイクとはバスク語で「搾った牛の乳を入れる木桶」のこと、らしい。

3人でビール、白ワイン1本と5皿で約72ユーロ。週末はメヌー・デグスタシオンもやっている(約30ユーロ)
メヌー・デル・ディア(ランチメニュー)は12ユーロ位。
イカスミのパエリャも旨そうだった。 
お高めではあるが、絶好のロケーションにライトなヌエバ・コシーナ
ドッシリ系の料理に疲れたら訪れてみては。
ランチタイムのみの営業(正午〜夕方くらい)窓際の席は要予約。
[PR]
by irdecopas | 2005-06-09 14:20 | Barcelona
<< 最後のはしご 行きつけのバル >>