カディスで昼めし

念願のカディス 日帰りで行った。
初めて見る大西洋の美しさに感動。
逢坂剛著「カディスの星」舞台となったカテドラルの地下室で涼み、
カディス一というレストラン「El Faro」のバルに入った。
イスは一つもない完全お立ち食いだ。

『Pijotas fritos』
e0018374_16493833.jpg

ピホタス 見た目はメゴチ大 味は白ギス風 美味

『Albóndigas de chocos』
e0018374_16514325.jpg

チョコ とはカディスでのイカの呼び名。 要はイカ団子。魚介出汁が利いている

その他、パタタス、イベリコ豚のフィレソテー、そして
『Salmorejo con huevo y jamon』
e0018374_16544475.jpg

にんにくがピリっと。普通のガスパチョよりクリーミー。アンダルシア感が高まった一品。

次から次へと地元の客が入ってくる。
飲み物はティント・デ・ベラノ(赤ワインのソーダ割)とビノ・ブランコ
やはりここでも白は「カスティージョ・サン・ディエゴ」が出てくる。すごい人気だ。
魚料理の味付けはちょうど良く、思ったより上品。
奥のレストランも試してみたかった。カマレロも親切で大満足。再訪したい。
[PR]
by irdecopas | 2005-06-06 14:00 | Andalucía
<< 祭りのあと サンルーカルの馬 >>