<   2011年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

天麩羅とワイン tempra y vinos

ワインと料理の調和は、人の心を躍らせる。

美味しくて、興奮して、飲みすぎて、舌も滑らかになった木曜夜。

渋谷の天松さんで開かれた、しがらき発の女子会にて。

お通しは、まず湯葉豆腐。

e0018374_10271186.jpg


レネ・ミューレのクレマンダルザスと、三杯酢が合う。しかも、マグナム!

e0018374_1031258.jpg


やっぱりマグナムって円やかで美味しいよねーと言いながら

e0018374_10332955.jpg


パリッ、グビッ

ハートをグッと掴まれた。よし、飲むぞ!食べるぞ!!

e0018374_10405661.jpg


天ぷらは、塩、大根おろし(柚子風味)、天つゆ、梅肉だれ。すきなものをつけて、頂く。

さあ、お次は

毎年2月にリリースされると同時に売り切れる・・・

e0018374_1035362.jpg


ティエリー・ピュズラの「蔵」 畑でもぎたてのリンゴを食べているような。

e0018374_10381386.jpg


たらの芽。ほろ苦い、春の香り。

e0018374_103952100.jpg


サックリ、きす天。

写真撮影失念、牡蠣の天ぷらと

e0018374_10463698.jpg


アリゴテ。樽使いが憎らしくて・・・
シャルドネに負けず劣らず、気品たっぷり。

e0018374_1050348.jpg


レンコン。しゃきしゃき。

e0018374_10545754.jpg


アルザスを代表する、クリスチャン・ビネールのリースリング。これも、なんとマグナム!!!

あくまでも上質な、ハチミツの香り。永遠に、飲んでいたくなる…

この辺から、撮り忘れの連続、素晴らしいピノ・ノワール。

なんと、イランシーというマイナーACと・・・

e0018374_10532761.jpg


アナゴさん。天松さんの程よい濃さのつゆに大根おろし。浸して、ぱくっと口に入れて

ピノをぐびっと飲むべし。

天ぷらは他にも春野菜いろいろ。

e0018374_10593310.jpg


酒かす。ほんのり白カビチーズのようで。

おっと、飲むの忘れちゃいけませんよ。

e0018374_1112423.jpg


フォジェール ヴァリニエール。レオン・バラルの、2002年。

今日のマグナム3本目!

素晴らしすぎて。

さあて、10名で一体何本開いたのか?

夜は更けゆくごとに、宴席は盛り上がり。

このほかに、差し入れのロゼと、ソーテルヌで、〆。

二次会は、みなさん、桜新町ですよー!!

電車の中でさぞかし騒がしかったことと存じます。

この場を借りて、陳謝。

次回の女子会は、何処でいたしましょうか。
[PR]
by irdecopas | 2011-02-24 19:00

あまぞねす Amazonas

サラリーマン時代から、ずっと続いている。かれこれ、15年近く?

当時、仕事をきっかけに、いつしか社内で宴好きの女性たちが集まり

週に一度くらい会社の近くで「おつかれさまー」と、飲み始めたのがきっかけ。

同じ釜の飯を食った仲間、というのがしっくりくる。

その名も、「あまぞねすの会」。

今どきの、「女子会」ではなく、「あまぞねす」。

共稼ぎママも居れば、シングルマザーも。バツ有・無シングルもいるし、DINKSも・・・

ギリシャ神話に登場する、女性だけの狩猟民族。『強い女性』の象徴。

戦って、酒飲んで、飲まなくても、本気で食べる、女性たち・・・

前置きが長くてすんません。

本題へ。

今回の新春あまぞは、『Sさんお手製韓国料理で飲む』が、コンセプト。

実は、前回あまりの美味しさに、また甘えてしまった。

ビールで乾杯しながら、まず、自家製キムチに舌鼓。

e0018374_9172940.jpg


大根も白菜も、やっぱり冬に食べるものだと、心底。

程よくピリッと辛く、旨味もあって、あっさりとしているから、バリバリバリバリ

何時間も、ずーっと、食べ続けた。

ここで、キムチに合いそうだと用意していた、ベルギーのトラピストビールを抜く。

酵母の風味がフルーティで、良い感じ。

e0018374_924190.jpg


大ヒット、にらのキムチ。

「これは、今朝作って来たんだよ」と、Sさん。

へー!!!すごくシンプルなのに、にらの味を全ての調味料が上手く引き立てている・・・

すごーい、コリアン野菜料理は奥深い。これ、イタダキ。

e0018374_9293674.jpg


にんじんのジョン。

これがまた、ケーキみたいにほんのり甘くて。やっぱりコナもん、よろしいなー。

酢醤油につけて、ぱくぱく。

ワインは、僭越ながら我がセレクトで

やっぱり、ドイツのリースリングは外せない。カビネット、やや甘口でオイリーな舌触り。

洋ナシっぽい風味が、キムチとピッタリ。この組み合わせが大好きだ。

アルザスのゲヴェルツトラミネールも、華やかな香りがスパイシーな韓国料理とイイ感じ。

いずれも、酸はしっかりあるので、口の中がスッキリ。だから、次々食べられる・・・
(食べるのに夢中で、ワインの銘柄と写真、スッパリ失念)

e0018374_9572582.jpg


ほっこり優しい、タッカルビ。

とろけたジャガイモ、にんじんの甘みが、これまた絶妙。鶏肉も柔らかくて。

(おっと!!!やばい、料理作ってもらってばかりのSさんに、お酒注いでない!)

「あー、そろそろ鍋ですよねっ」

最年少のくせに、夢中で食べて喋ってばかり、これはマズイと重い腰を上げ。

カバを抜き、皆のグラスを満たし、ブリシャブの準備くらいしないと、バチが当たる・・・

e0018374_1003922.jpg


「美味しいじゃない!鍋に泡って、イイよねえ」

ホーーーーッ。一安心したところで、油断なく、次。

本日最上級のワイン、オーボンクリマのピノノワール、登場。

「んん、このピノは、酸っぱくなくて飲みやすい。さすが、ナイスな選択!」

脂の乗ったブリとポン酢と、このワインの組み合わせも、なかなか。

最後に、一本スペインのトロ赤を抜いて。

(途中でマッコリも、あったよね)

5人で6本、用意しておいて良かった。

そう、我らがあまぞねすは、狩猟の女神「アルテミス」のみならず

ワインの神「ディオニソス」にも、守られているのです・・・

次回は、「春あまぞ」。

今から、楽しみ・・・・・
[PR]
by irdecopas | 2011-02-04 09:34 | 東京生活 mi vida Tokio