<   2010年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧

媚薬

土曜深夜は、至福のシャンパンタイム。

お客様と一緒に、ちゃんと座って、頂いた(← これ、大事)

e0018374_12535978.jpg


好物を目前にすると、手ブレする。

鴨胸肉のソテーにオレンジ、ねぎ。

そして、ジロール茸とエシャロットのソテーを添えた一皿に

e0018374_1257081.jpg


ミシェル チュルジ 2002 ブラン ド ブラン

ル・メニル・シュール・オジェ村の、100%グランクリュから造られる、シャンパーニュ。

鴨×ジロール、鴨×オレンジ、鴨×ねぎ・・・

色んな組み合わせで、一口食べてはグビッ

もう一切れポイッ、グビッ・・・・・

「あー、やっぱりジロールとシャンパンが一番合うカモ」

幸せの境地に至っていると

e0018374_13595.jpg



「おおー、ピノ・グリのヴァンダンジュ・タルディヴ!!!珍しい!」

甘口好きのT氏、歓喜の声。

「鴨の脂×オレンジ には、やっぱりコレ。脂に甘みが融合して、口の中で膨らむ・・・」

はあ、旨い。

幸せの絶頂に浸っていると

e0018374_13124818.jpg


アルザス帰り、しがらき一年半熟成の、ゲヴェルツ 06 セレクション・グラン・ノーブル。

「原価で、みんなでワリカンね」

店主の声に

なみなみと甘口を注ぎ、グラスを握り締め、鼻を近づけて話さないT氏

「あああー、溶けそうッス」

ワインに酔いしれる喜びを知り始めた、若手M氏

「アタックは、子供のころに飲んだ、煎り出し麦茶!!!」

いや、紅茶、ダージリンのようだとか

喧々諤々。

全員が、ワインに翻弄され、陶酔した、一夜。

明日は、待ちに待った「死ぬまでに飲むべきシャンパーニュ」講座・・・

媚薬を口にし、薬に惚れてしまった。
[PR]
by irdecopas | 2010-10-11 13:28 | ワイン・シェリー Vinos