<   2009年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

お魚料理 Pescados

先週火曜日、お疲れモードで向かったルナジェナ。
いつものように、二人の笑顔でお出迎え。

ポテトサラダ ロシア風
Ensalada rusa
e0018374_12582964.jpg


お店や家庭によって、色々な味付けがあるけれど
ここのは、優しい。
黒オリーブがきいていて、ワインに合う。

ガスパチョ
Gazpacho
e0018374_130866.jpg


夏の食欲のない時に、ピッタリ。
ごくごく、あっという間に頂く。
野菜とにんにくの風味で、カラダにすっと、入っていく。

アイナメのレタス包み
Pescado embuelto en hoja de lechuga
e0018374_1311116.jpg


新しいメニュー!
ベシャメルソースを敷いて、レタスの中には
お魚と、クリームチーズ。
さかなのうま味とチーズの酸味&塩味が包まれて
その上に、ベシャメルがふんわりと。
なかなか、良いじゃない?
ルエダの白、バナナのようなアロマの
ベルデホと一緒に頂く。

「やっぱり気になるな〜」
結局、食欲がどんどん出てしまい、メインも頂くことに。

カジキマグロのソテー

e0018374_13184087.jpg


とってもスペインらしい、一皿。
トマトの酸味とオリーブ、にんにくとアサリの出汁のソースが
お魚の風味とぴったりと合う!バッチリの味加減だ。
ああ、これはシェリーですな・・・
アモンティリャードでキュッとシメ!!

の、はずが・・・

結局、こんこんと夜が更けるまで
シェリー三昧の休日夜。

平山夫妻、いつも有り難う!!!
[PR]
by irdecopas | 2009-06-29 12:55 | ルナ ジェナ La Luna Llena

奮起

東京は、梅雨の中、突然の夏日。

新鮮なズッキーニとナスを頂いたので
夏野菜の煮込みを作ろうと思い、今朝調理スタート。
でも、気が付いたら、数種類スパイスを入れていて
出来上がったら、カレーになっていた。

一昨日も、お店の鶏とレンズ豆スパイシー煮込みを元に
カレー、作ったばかりなのに。

最近、こんなことが多い。

「一杯だけ」と思って飲み始めたのに
4、5杯になってしまったり(笑)

堂々巡り。
どうも、溜め息が多い毎日。

でも、昨晩職場で突然背中を"ドン"と押された。

「こんなに一杯色々ワイン開けていて、ソムリエ受けろよ!
 とらなかったら、ただじゃおかないぞ。」

約二年の看病生活。
やっと働き続けながら、昨年ソムリエの受験資格を得られたが
それどころではなかった。
タイトルは、ワインエキスパート&ベネンシアドールのまま、
接客業6年目。

母を亡くして5ヶ月が経過、それまでの苦悩から開放されつつ
プレッシャーのかかることからは、
しばらく遠ざかりたかったのに。

でも、そんなに日常生活甘くないし。

店主の脅しのような励ましに
生来の負けん気が、頭をもたげて来た。

でも、誰のためでもない、自分のため。

ちょうど、先日JSAから40周年記念で
今年度の分厚い教本が進呈され、自宅に届いたばかり。
まるで、「試験受けてネ」と言わんばかりだ。
体の良い、宣伝活動にも便乗・・・

ともすると、くじけそうなモロい意欲と
アルコール漬けで壊死寸前の脳細胞が、
どこまで、復活なるか?

おかげさまで、抜栓したワインの本数と
飲んだワインの本数は、着々と増えている。
接客したお客様の場数も、しかりだ。

本番の10月に向けて、舌と実技と頭の訓練しなくては。

生命の危険を感じる(笑)

e0018374_1344221.jpg

(昨晩のマカナイ/ とろろ昆布うどん)
[PR]
by irdecopas | 2009-06-26 12:00 | 東京生活 mi vida Tokio

Paté con Amontillado

誰が何といおうと、最強の組み合わせ。
『パテとアモンティリャード』

お休みの夜、桜新町に出来た新しい広島風お好み焼き屋で
たらふく食べて "しまった" 後(笑)
そのまま、世田谷通りまで自転車を飛ばした。
我が癒しスポット ラ・ルナ・ジェナ。

二人の顔を見ると、何だかホッとする。
「お腹一杯だと思うけど」

e0018374_1341894.jpg


牛肉、鶏胸肉とレバーのパテを少し切ってくれた。
こういう、お肉やモツのしっかりした味わいに
寄り添うようにピタッと来るのが、酸化熟成系シェリー。
しかも、アモンティリャードは
フィノのキレ味も持ち合わせているので
肉の脂でもってりとした口の中を、スッキリとさせてくれる。

ペドロヒメネスや、ドライフルーツが効いたパテなら
少し甘口のミディアムや、オロロソが良さそうだけれど
このパテの味は、お肉類中心なので。

白でも、赤でも他に合うものはあれど
やっぱり、シェリーだ。

あ!
しがらきのメニュー、牛モツのトマト煮にも
絶対、アモンティリャード!!!

お薦めです。
[PR]
by irdecopas | 2009-06-09 21:00 | ルナ ジェナ La Luna Llena

つれづれなるままに

今日で、しがらき生活は六ヶ月が経過。

ワインをお食事と共に、ふつうに召し上がる生活が
定着しているお客様が多いなあ、というのが、実感。

お店に入られたら、気分良く楽しく。
そして、元気になって、お帰りになれるように。
そんなことを、意識しつつ
深夜労働の、日々。

我がワイン生活は、如何に。
最近飲んでいるのは、シャンパーニュ、ブルゴーニュ
アルザス、たまにローヌ・・・南仏、等々
求めるもののほとんどが、フランスワイン。

半年前とは、随分変わってしまった。

スペインは大好きなのだけれど、
濃い目のインパクトの強いワインに
身体が、耐えられない・・・

シェリーや、熟成したリオハ、そして
アルバリーニョは、大丈夫なのだけれど・・・

以前の、スペインどっぷり生活からは
想像出来ない自体に。

お菓子も、お客様向けに焼いている。
結構好評で、今日も、チーズケーキを作った。
我ながら、よく出来たと思う。

だけれど、今の生活には、何かが足りない。
勉強しなくては、新しいことを始めたいなと思っても、
気持ちが、前に進まない。

正直、ぽっかりと、心に大きな穴があいたまま
毎日を、食べて寝て、書いて、働く生活でごまかしているような。

ジョギングも、天気が悪いのを良いことに
とんとご無沙汰・・・

何なんだ??
" passion " 情熱が、足りないのか?!
それとも、" corazon " 魂 か??

母の供養が足りない??

フランスへ行くべきか?

今日も、日暮らし。

e0018374_154116100.jpg

(バスク料理店 TXOKO のお魚料理)
[PR]
by irdecopas | 2009-06-08 14:54 | 東京生活 mi vida Tokio