<   2009年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

オジャリア最終日

おかげさまで、カゼもだいぶ良くなってきた。
いやはや、今回のは久々に、かなりしつこかった。
同様に、咳に悩まされた方々も多かったのではと思う。

さて、今日は1月の最終金曜日。
今日をもって、銀座のバル・デ・オジャリアは仕事納め。
スペイン関連店でのお仕事は、とりあえず今日で一区切りだ。

はりきって、楽しく働くぞ!
もし、良かったら冷やかしに来て下されば幸い。

来月からは、しがらき専属でお待ちしています。
[PR]
by irdecopas | 2009-01-30 11:48 | Bar de Ollaria

風邪っぴき 

先週の火曜日、久々に大量の鼻水が出た。
(いきなり汚くてスミマセン)
何もしなくても、たらーっと垂れるくらいに。
その夜は友達のスペイン料理屋に行って
とりあえずソパ・デ・アホを食べて
オルホ・デ・イエルバスを飲み、暖まって寝た。
熱も出なかったので
その後は、市販の風邪薬で何となく
治ったと思っていた。

しかし、一昨日あたりから
ケホケホと、乾いた咳が出るようになり
薬を飲んではいたものの
昨日は、夕方から酷くなって
仕事中も、止まらなくなってしまった・・・
飲食店で咳き込むなんて最低!!
あああー、と自己嫌悪に落ち入りながらも
やめられない、止まらない、咳。
せっかくの美味ご相伴ワインも、味がわからない。
ここ三年近く、カゼはひかないように
かなり注意を払っていたのに。
気が緩んだのかな。

e0018374_11564316.jpg

「はい、もう終わり〜」
マカナイは、数種類の豆とほうれん草、じゃがいものスープ。
とっても優しい味付けで、肩の力が抜ける。
右端に顔をのぞかせているのは、釣りアジの塩焼き。
築地で新鮮なのを、先週店主が買ってきたものだ。
やっぱり、味が良い。
子供の頃に食べた、日本海のそれを思い出す・・・
懐かしいな。

今朝、早くからクリニックで診てもらった。
カゼの治りかけでしょう、とのこと。

今日は、行くつもりだった試飲会もやめて
1日家でゆっくり休もうと思う。

テンション低いの、お許し下さい。
[PR]
by irdecopas | 2009-01-27 11:36 | しがらき Shigaraki

睦月の日常

各方面、たくさんの方々から
お悔やみのお言葉と、心温まるメールやコメントを頂き
感謝の気持ちで一杯。本当に有り難うございます。
Muchas gracias por tu atención.
この経験を心の糧に、これからの我が人生を
しっかり歩んで行きたいと思う。

それにしても、
飽くなき食欲はとどまるところを知らず。

月曜は、店主からの献杯。
三茶のイタリアンで、ヴィオニエ似の土着白ワインと
バーニャカウダ、ふきのとうフリットの調和に舌鼓。
手打ちパスタも豚ヒレも、ピノ・ネロも美味しかった。

火曜は、若林三丁目のスペインで
風邪っぴき用のソパ・デ・アホ。
e0018374_13181128.jpg

心も身体もぽっかぽか。

水曜のマカナイは、洋風雑炊。
タマゴと生ハムミンチとほうれん草が入って
喉が痛いと言いながら、アツアツをあっという間に平らげた。

木曜、あいにくの天気で客足が少なかったので
得意のご相伴に預かり・・・
e0018374_13222873.jpg

06ヴォルネイは、クリアでとっても綺麗。
96クロ・デ・サヴォーは、円熟した果実味と旨味で「ホッ」
04レ・ボーモンは、パワフルで優美で「押し寄せる」味。
ビバ・ボルゴーニャ!!!

美味しすぎるワインと共に、ゲランドの塩で焼いた
築地入手の赤座エビまでお裾分け頂き・・・(マジ旨)

それでも、まだ「お腹減った」という私に
ポワローネギと鶏出汁スープの超あっさりゲランド塩ラーメンでシメ。
e0018374_13441842.jpg


ご馳走さまでした。
給料、要りません・・・(一部)
[PR]
by irdecopas | 2009-01-23 13:12 | 東京生活 mi vida Tokio

永眠 sueño eterno

マカナイで、お客様から頂いたという
美味しい手打ちのそばを食べた半日後の8日。
e0018374_1329271.jpg


最愛の母がとうとう、他界した。

2年半前、我がベネンシアドール試験の前から
どうも調子が悪いと言っていた。
電話で合格に喜んでくれた直後、即入院。
神戸の海の見える病院で
重い病気に立ち向かい、闘い抜いた。
最期は、病魔に勝てなかったけれど
何度もミラクルを起こして、周囲をアッと言わせた。

安来中学・高校時代とバスケットボールに身を捧げ
主将、3年時のアウェー、静岡国体。
自らのフリースローで残り10秒の逆転劇
念願の全国制覇を成し遂げたひと。
アスリート、教員、そして妻、母としても
常に全力投球で人生を駆け抜けた。
「お母さんの人生は、太く短く」が、口癖。
ハッキリ言って「スパルタ」だったから
子供心に怖かったけれど、
周囲の人にいつも心を配り
とても優しかった。

穴にボールを入れるのが得意で
晩年、50の手習いで始めたゴルフでは
10年ちょっとの間に、ホールインワンを3回もやった(笑)

1月11日、日曜日。
数年ぶりの大雪の中、家族の郷里、米子。
当初、親類縁者だけでといっていた葬儀に
その地から17年も離れていたにも関わらず、
寒空の下、次々と沢山の旧友が駆けつけて下さった。
小さな敷地が、大勢の参列者で溢れ返って
母の人柄が偲ばれる式だった。
そして、親族と親しい友人に見送られ
荼毘に付した。

ここに、記すのを躊躇ったけれど、
ブログは、我が人生の記録。
中途半端が嫌いだった母のことを思い出し
迷うなら、書いてしまえと
一つの『ピリオド』として綴ることにした。
母を知らない方々には、大変申し訳ないけれど・・・

天国で、楽になって
知らない人ともすぐに仲良くなって
大好きだったお酒を、ワイワイ嗜んでいることだろう。

お休みなさい。
[PR]
by irdecopas | 2009-01-19 14:22 | 故郷 Mi pueblo natal

謹賀新年 ¡Feliz año nuevo!

あっという間に七草になってしまいましたが
明けましておめでとうございます。
年末はバタバタで、締めくくりの挨拶も出来ずじまい。
大変失礼致しました。

今年も、美味しいワインとお食事に囲まれて、
みなさまが幸せに暮らせますよう。

神戸で過ごした、我が年末年始。
事情があって、家族全員揃う日がなかったけれど
数週間ぶりに、母ともゆっくり過ごした。

フリーの時間帯には
初詣に行く暇はなくとも、中華街へは足を運ぶ。

五目焼きそば
e0018374_11564949.jpg

一昨年、よく通った海鮮料理店
エビ、イカ、カニ、チャーシュー、蒸し鶏。
海と山のものが両方入って、食べるのが楽しいから
よく注文する「五目」もの。

ここは、かなり良い場所にあるのに、意外と空いていて
観光客より、地元の常連さんが多く訪れている。
接客も、年期の入ったおばさま方が
手際よく案内してくれるのが良い。

神戸の中国料理に、また今年もお世話になりそうだ。
[PR]
by irdecopas | 2009-01-02 12:00 | 神戸 kobe