<   2008年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

Kinoshita & Ercavio

本日、ジョギング44回目にして
初めて9km超を完走!
最後の1kmに入った時、また気持ち良くなったが
先日、友人にランナーズハイのことを話したら
「それは、マラソン選手が何十キロも走って、
肉体の限界を超えた時になるものだ。」
と一蹴されたのを思い出し・・・・・ガックリ。

ま、"ジョガーズハイ"ってのもあるかもしれないし。

というわけで、押せ押せのブログ更新。
今回は、2週間前のワインメイカーズランチ。
インポーターodexさんの招待で
2ヶ月先まで予約が一杯だというビストロ名店の
「レストラン キノシタ」のお料理と、
ラマンチャのボデガ、Mas Que Vinosのワイン、ercavioを楽しむ会。
とっても、素晴らしいひとときを過ごさせてもらった。

e0018374_14442836.jpg

(右/エスプモソ NV しっかりと泡立ち、味わいのあるカバ)
(中/ブランコ'07  これがラマンチャのアイレンか?と疑う程!
 樹齢60年!!マロラクティック発酵しない。シュールリー)
(左/ロブレ'06 センシベルは濃い!口の中で爆発するような果実味)

食べることとお喋りに夢中で、ピンボケ写真ばかりだが・・・

前菜に、つぶ貝とガスパチョ添えを頂いた後(美味)

瞬間燻製した秋刀魚のソテー じゃがいもピューレとパイ添え
マデイラソース(多分)松茸添え
e0018374_14575071.jpg

これが、個人的には大ヒット!!
マデイラソースとパイの生地とサンマが口の中で一体になったところへ
ラマンチャの濃い赤を流し込むと・・・・・
オタフクお好みソースのかかった鰹節のような甘さと旨味、そして食感!
最高のマリダッヘ。

江戸前穴子とごぼう入りリゾット
バルサミコソース(多分)
e0018374_1533456.jpg

アナゴの匂いとごぼうの土臭さが、 この赤と合う!

e0018374_1593550.jpg

(テンプラニーリョ カベルネソーヴィニオン '06)

e0018374_1575999.jpg

熱心に説明して下さった、Mas Que Vinos のアレハンドラさんと
odex の イサベルさん。樹齢70年のセンシベルで造るPlazuelaは
樹一本のブドウが、ワイン一本分だそう!!!
早く飲みたい・・・

Más
[PR]
by irdecopas | 2008-09-24 13:00 | ワイン・シェリー Vinos

Cata de vinos 2  -- vin dolos--

ジョギングと試飲会続きの日々で
すっかり、ブログ更新を怠ってしまった。
今日 (10/6)は久しぶりのまとまった雨なので
走りをお休みにして、先日の続きを・・・

ニューオータニのスペイングルメフェア2008
「面白いのがあったよ」と、
我がシェリーの師匠N氏が案内してくれた一角
DOエンポルダのVinyes dels Aspres
フランス国境にほど近い、Cantallopsという村の
バリバリ、コテコテのカタランワイン。
しかも、"ランシオ" があるという。

早速、「試して良いですか?」と担当者に聞くと
「あれ、あなたのこと知ってますよ!」
と、言われた。
え、このスペイン人と何処かで会ったっけ・・・?

よくよく聞いてみると、彼、カタランのRicardo氏は
2年前の同会場で、やはりエンポルダのワインを紹介しに来ていた際
私と、元同僚のジョルディと話したのだそう。
そういえば、この人に1本お土産ワイン、貰ったんだった!
ビックリ。そんなに印象強かったんだ我ら・・・
さすがは、海外に売り込むワイン商。

そんなこんなで、ひとしきり盛り上がった後、
スティルワインの白、赤と飲って

Más
[PR]
by irdecopas | 2008-09-18 15:00 | ワイン・シェリー Vinos

Cata de vinos 1

先日の続きをやっとこさ。
ホテルニューオータニで毎年開催される
「スペイングルメフェア2008」に、2年ぶりの訪問。

この催しは、生産者が日本に輸出するための
インポーター探しが主な目的なので
飲食店関係者は、直接交渉に至らないが
未知のワインとの遭遇を純粋に楽しめて
なかなか、有り難いものだ。

出勤前の2時間、フードの会場には入らず
ワインに的を絞って、回遊魚のように
泡、白、ロゼ、赤とぐるぐる、ブース巡り。

DOバルデオラスのゴデーリョ100%で造られた泡や
DOカリニェナの古代固有品種、ビタディーリョの赤は
初めての体験で、とても興味深く。
VTカスティーリャ、テンプラニーリョのロサードは
ブドウの実を食べているようで美味しかったし
パーカーポイント94pの DOトロの赤は
如何にも、「どうだ!」という感じで。

でも、輸出向けの
滑らかでエレガントな高級感のあるアルバリーニョより
ブース裏から出て来た、バチっと伝統的な造りのそれの方が
やっぱり好きだ。
その土地の、その葡萄の味わい、そして
造る人の意志を、ハッキリと感じたい・・・・・

Más
[PR]
by irdecopas | 2008-09-18 14:30 | ワイン・シェリー Vinos

Últimamente...

このところ、燃料補給もそこそこに
すっかり、ジョギングに夢中。

走り始めて一ヶ月超、28回目の昨日は
たったの7kmだけど、止まらずに走り切ることができた。

しかも、後半はスピードを上げるごとに
身体が気持ち良くなっていって・・・
ちょっとした恍惚の世界に入り、
一筋の道を、両手を広げて、
ずっーと走り続けられるような感じ。
まさに、これが「脳内モルヒネ」状態か!!

好きなことを夢中でやっている時には
脳内麻薬がどんどん分泌されるのだそう。
強い鎮痛効果と快感をもたらす効果があるらしい。
その中でも強力な「ベータ・エンドルフィン」は
なんとモルヒネの1.5倍だそうだ。
免疫力と自然治癒力を高める作用まで
あるそうで・・・

(ワインを楽しく飲んでいる時にも分泌されているのだろうか。)

そんなランナーズ・ハイ状態で訪れた
ホテルニューオータニ、「スペイングルメフェア2008」
最近、ブルゴーニュに首ったけになって
どうもマンネリ化していた
スペインワインに対する我が気持ちに
ちょっとした興奮を呼び覚ましてくれた。

レポートをしたいのだけど時間切れなので
続きは次回・・・
e0018374_12172348.jpg

Continúa en el siguiente mensaje...
[PR]
by irdecopas | 2008-09-18 12:00 | 東京生活 mi vida Tokio

Albias con cól

今週に入って、毎日走っている。
今日は午前中、曇って雨に変わりそうだったので
起きてすぐ、出発した。
ファミリーパークを2周したところで
強い雨が降って来たので、筋トレはお休み。
家の中ではセコセコ、
腹筋などをやる気にはならない。

今年の5月にオープンしたラ・ルナ・ジェナ
昨日、久しぶりに訪ねた。
予定より遅い到着にも嫌な顔一つせず
迎えてくれた平山夫妻。
確保してもらっていた、豆料理を頂く。

白インゲンとキャベツ、腸詰の煮込み
e0018374_13215296.jpg

「キャベツが入ると優しくなるね〜」
塩とお出汁の加減がとても良いあんばい。
お豆もぽろっと煮くずれて、消化に良さそうだ。
口に入れると、インゲン豆の甘みをほっこりと感じる。
胃袋が喜んでいるのが、わかる。
アッ!という間に、平らげた。

手土産は、バルバディージョのアモンティリャード VORS 30年。
勤務店で、親しいお客様とスタッフに
少しずつ振る舞った後
ここに持ち込んで、お豆と一緒に全部、開けた。
美味しいお酒は、楽しい仲間と一緒に飲むのが
最高の幸せ。
自分への、ご褒美だ・・・
[PR]
by irdecopas | 2008-09-04 12:00 | ルナ ジェナ La Luna Llena

Rioja viaja y nueva

北京五輪と同時に始めたジョギングは
ついに、四週間目に突入!
少し長い距離を走られるようになったし
三週間目には、何と小さい米袋一個分の
体重が減っていた。

ガソリン補給の方は、滞りなく(笑)
おかげさまで、ハイオク、いや
バイオ燃料さながら?の
人と環境に優しいものを補充することが
出来ている。感謝、感謝。

その供給元、隠れ家店主の誕生日祝いに
先週、持ち込ませて頂いたもの。

e0018374_1142598.jpg

Viña Albina Gran Reserva 1978
Bodegas Riojanas
D.O.C. Rioja (Cenicero)
Tempranillo, Mazuelo, Graciano
輸入元/千商

久々の、スペインネタであります。
リオハ・アルタで創業1890年の老舗、
ボデガス・リオハナスのグラン・レセルバ30年モノ。
蔵出し直輸入なので、エチケットも新しい。
いわゆる、古典リオハを想像していたのだが・・・

驚くべきは、その美しいルビー色。
オレンジ色が見当たらない。
そして、ラズベリーやスモモの果肉をかじったような、
フレッシュな果実味と、ものすごく豊かな酸!!!
木の皮のような、スーッとした樽香。
一時間後には、堅さもとれて
エレガントで、芳醇な味わいに着地した。

開くのに、時間がかかったので
デキャンタした方が良かったか・・・
そう、澱も無かったのだ!!

グラスも、色々なタイプで試すことが出来て
常連さん、そしてお店のスタッフ一同も
「まるでブルゴーニュ、いやボルドーみたい」
と、盛り上がった。

30才とは思えない、新鮮さは何故に?
ボデガ蔵出しだから???
78年、ブドウの出来は良好だったそうだが。
やはり保存状態が良かったのか・・・・・
古きをたずねて、新しきを知らねば。
[PR]
by irdecopas | 2008-09-01 10:46 | ワイン・シェリー Vinos