<   2008年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

マントヒヒ飯

キッチンから楽しそうな声が聞こえる。
「できましたよ〜」

今宵のマカナイは何と!!
e0018374_11322166.jpg

マントヒヒ。

マグロの漬けがツヤツヤして
赤ら顔のサルっぽい。
鼻は、プチトマトの上にアサリの佃煮(笑)
ツマも上手く使っていて
芸が細かい・・・
なかなかの力作だ。
食べるのが勿体ない。

彼らは毎晩こんなことやっているわけでは
ないのですが。
遊び心って、必要ですよね。

e0018374_1139454.jpg


仲良くパチり!
[PR]
by irdecopas | 2008-01-21 23:00 | Danjoマカナイ Comidas

母、卵、耳

東京も寒さが厳しくなってきた・・・
寒くなればなるほど美味しくなる魚。
冬の代表格、山陰では「鰤(ぶり)」だったけれど
北の海では、やはり「鱈(たら)」だろう。

昨日のお昼のマカナイは
『タラチリ』
e0018374_10104972.jpg


身があっさりとしているので
ピリ辛のチリソースと合う。ご飯がすすむ〜

その上、
『マコ(真子)の玉子とじ』
e0018374_1023081.jpg


W卵。
ぷちぷちぷちっ!と口の中で弾ける。
その食感と玉子の甘さのハーモニーが嬉しい。
卵巣は、一度サッと茹でてから
つけ汁に漬けて味を馴染ませるのだそう。
さすがは、和食出身のコシネロ。

ピリ辛、ほの甘、ピリ辛、ほの甘、の連続で
ご飯は二膳頂きました!

そしてこの夜、
旧友が何と直木賞を受賞したというニュースに
興奮しながら頂いたマカナイは
e0018374_10242099.jpg

豚耳せんべい
Orejas

豚足も入っている。
パリッとした歯ごたえの後
ねっち、ねっちとゼラチンが歯にくっつく。
ヤメられません!

乾杯!!!

心からおめでとう、桜庭一樹さん。
[PR]
by irdecopas | 2008-01-16 15:00 | Danjoマカナイ Comidas

Mis vinos favoritos -- ÀN/2

我がお気に入りアイテムをいくつか。

ÀN/2 2004
e0018374_11181253.jpg

Àn Negra Viticultors
V.T.Illes Balears
callet 50%, mantonegro, fogones, cabernet sauvignon, syrah,50%
Guía Peñín 2007 90p

もう3年近くずっと店のリストにある。
バレアレス諸島はマジョルカ島
Anima Negra 「黒い霊魂」という意味の
素晴らしいワインがあるが、そのセカンドライン。
(近年はÀn Son Negre に名称変更)

ぶどうはこの地原産のカリェット callet が主体
それにマントネグロ manto negro フォゴノウ fogones
普通の人は知らないような地ブドウと
シラー、カベルネソービニョンもブレンド。
フレンチオークの新樽と、アニマネグラ使用樽で
10ヶ月の熟成。

実は、このビンテージからスタイルを一新、
ボトルはスレンダーに。
そして、外来種の混合率は下がったのだが、
味わいもグンと洗練され
元来のスパイシーなニュアンス
例えばピノ・ノワールを思わせるような
肉感的な雰囲気も持ち合わせた。
おまけに2004年はブドウの格付もExcellent(素晴らしい年)
この年サッカーの大久保選手がマジョルカのチームに
移籍した際には、日本での引き合いが多くなったとか?!

タンニンの重厚感は苦手だけれど
しっかりと凝縮感のあるスペイン(カタルーニャ)らしい
個性的なワインが飲みたい方に、ぜひお薦めしたい。

続く・・・
[PR]
by irdecopas | 2008-01-15 15:00 | ワイン・シェリー Vinos

Gorner Tempranillo

年明けの連休、東京はやっと冬らしい寒さになった。
幸い、食糧がたんまりとあったので
家から一歩もでず、ワインを飲んで過ごした。

Gorner Tempranillo 2000
e0018374_11173489.jpg

D.O. Penedés
tempranillo 100%

二年前の秋にワイナリー和泉屋さんから購入。
戌(いぬ)年生まれなので(年バレますが)
ハッキリ言ってジャケ買いだった。
カタルーニャ州はペネデスのカヴァの造り手
エチケット表裏全てカタラン、そして
ご丁寧に州旗まで・・・・・
3920本の限定生産のうち、これは1841本目。

実は、この居間の段ボールに入れたまま
昨年の夏を超えてしまったのだ。
正直、ワインがあると
あっという間に消費する体質で
セラーを買う間もなく過ごしていた。
しかし昨年はそういうわけにいかず
飲み頃の、ちょっぴり高めのものを数本
置きっぱなしにしていた(汗)
上記もそのうちの一本だったのだが・・・

心配無用。
さすがはスペインワイン、日本の猛暑にも強い。
それどころか、酸とタンニンが程よく丸くなって
ものすごく美味しい〜!!

エチケットだけじゃない、
毛並みの良いミニチュアダックスに負けない
美しいテンプラニーリョ。
犬好きでワイン好きの方は、一度お試しあれ。
[PR]
by irdecopas | 2008-01-14 20:00 | ワイン・シェリー Vinos

初麺

とってもローカルな兵庫レポートをもう1つ。
スペインネタとは、全く関係はありませんが
悪しからず。

山寺から降りて小腹が空き、
父のナビゲーションで親子三人向かったのは
播州ラーメンの店。
e0018374_121278.jpg

e0018374_13675.jpg


メニューは、中華そば 630円と 濃口 800円 の二種類のみ。
これは前者。
e0018374_1142734.jpg

麺は中細ストレートで柔らかい!
きっと、江戸っ子には受け入れられないくらい。
スープは鶏ガラと野菜ダシなのか
ほんのり甘くて丸〜い味わい。
ああ、とっても懐かしい“中華そば”
老若男女問わず、食べられる。
本当に、『ほーっ』とする美味しさ。

こういうのは、やっぱり東京ではなく
ご当地ならではの味わいだろう。
母も「うまい」と完食できるほど。
もう少し、麺の量があれば言うことなし!

揖保の糸、明石焼に続く播州名物!?
[PR]
by irdecopas | 2008-01-05 14:30 | 故郷 Mi pueblo natal

初詣その一

Feliz año nuevo
Bon any nou
謹賀新年

今年も宜しくお願い申し上げます。
皆様いかがお過ごしでしたか。

我が家(といっても2人ぽっち)は
横浜の実家でおとそ&おせちの ザ・お正月
三が日は自宅で久しぶりに寝正月でゆったりと。

四日には、ひとり新幹線で新大阪へ
高速バスで一時間、播磨(はりま)の実家に帰省。
この一帯は、酒米の王様"山田錦"の銘産地で
一年中、美酒には事欠かないのだが
飲んでばかりはいられない。

初詣は、開山594年の「五峰山 光明寺」へ。
加東市には古戦場や戦国室町の史跡が多いが、
ここは太平記の足利・光明寺合戦の場として名高い。

e0018374_11143843.jpge0018374_1115758.jpg

地味なので、思わず別々に撮ってしまった参道入口の門。

二カ所のお堂に参拝し、それでもまだまだ奥にある本堂・・・

ひたすら、急勾配の坂を上がること10分強

e0018374_1121285.jpg

仁王門
e0018374_11273018.jpg

光明寺・常行堂
e0018374_11281165.jpg


そして、その奥に・・・
[PR]
by irdecopas | 2008-01-05 14:00 | 故郷 Mi pueblo natal