<   2007年 02月 ( 13 )   > この月の画像一覧

長崎スナップ・朝

崇福寺の門(裏)
e0018374_1512365.jpg

龍馬の刀の後が残る、料亭「花月」
e0018374_1541661.jpg

卓袱料理は、次回に持ち越し。

ランタンフェスティバル会場入口
e0018374_1562722.jpg


Más
[PR]
by irdecopas | 2007-02-22 10:00 | 九州 kyushu

長崎スナップ・夜

16世紀から海外貿易港として栄えた長崎。
神戸をギュッと凝縮して古くしたような雰囲気。
中国と西欧の文化も息づいて
港町の匂いが大好きな私としては
かなりお気に入りの場所となった。

1584年、最初のスペイン船が平戸に入港したそう。
もしかしたら、かのフランシスコ・ザビエルも
シェリー片手に訪れたのかも・・・
だいたい、宣教師がお酒を飲んだのかどうか知らないが、
「ワインはキリストの血」というし
航海船にはきっと積まれていたことだろう。
勝手な想像を巡らせながら、
N氏の後をプラプラと、夜中のそぞろ歩き。

「思案橋」 ネオン街の入口
e0018374_14165741.jpg

変わった名前だなと思っていたら
江戸時代、ここには橋がかかっており、吉原と並ぶ程の大きな遊郭があって
優柔不断(?)な男が「行こか、やめとこか」と思案したからだそう。
e0018374_14364371.jpg


Más
[PR]
by irdecopas | 2007-02-21 23:00 | 九州 kyushu

むつ五郎 en 長崎・八幡町

たまたま、長崎の街は春節祭の真っ最中。
めがね橋も、良い感じで旅情をそそる。
e0018374_12105070.jpg


「どうしても、長崎に行きたい。」
旅以後、つれがポツリと言った。
それなら、ザビエル布教の地で
鎖国以前から国際貿易港であった「平戸」へ行くのが
我が希望であったが、時間が足りない。
じゃあ、長崎市でうまい魚を食べてシメるか、
ということになり
彼の元同僚で、魚の仲卸業を営んでいるN氏に連絡。
指定された料理店で、待ち合せすると・・・
e0018374_12333680.jpg


そのワケが分かった。

活け造り
[PR]
by irdecopas | 2007-02-21 20:00 | 九州 kyushu

美味かもん巡礼・オーラスへ en 長崎

九州生臭い旅・4日目、最終地点は長崎に決定。
熊本新港から、島原行きのフェリーに乗った。
有明海をかもめの群れと並走。

えびせんを手にすると、もの凄い勢いで寄ってくる。

e0018374_10403453.jpge0018374_10462457.jpg


空と海の色のコントラストが、
カディスで見た大西洋を彷彿とさせてくれた。

かもめと戯れること約1時間、船は島原港に到着。
海岸沿いの道路を、国見、諫早と経由し
長崎市街に近づいたのは2時間後。
お昼時を逃し、午後3時。
食べ損なう前に、とりあえず寄っておこうと・・・
e0018374_1173375.jpg

(街道沿いのリンガーハット)

やっと夕方、市内のホテルにチェックイン。
最後の夜に備えて、即シエスタ・・・
[PR]
by irdecopas | 2007-02-21 13:00 | 九州 kyushu

ウマかもん巡礼 en 熊本

出発の前に、極楽から地獄へバモス。

『山地獄』
e0018374_11125536.jpg
e0018374_1114474.jpg


温泉タマゴも食べました。
e0018374_11233595.jpg
e0018374_11184014.jpg


『坊主地獄』
e0018374_11213976.jpg


イオウの匂いを後にして
”アレ”を食べるために、一路熊本へ。

熊本城は、400年祭を前に残念ながら復元工事中。
e0018374_23444096.jpg


Más
[PR]
by irdecopas | 2007-02-20 11:00 | 九州 kyushu

極楽露天 en 神和苑

泊まったお宿は『神和苑(かんなわえん)
露天風呂が素晴らしい(&高い)ことで有名らしく、
観光案内所の人にもそう告げられた。
直接行ってみると、こじんまりと落ちついた佇まい。
建物の脇には源泉が湧き出て湯煙がたっている。

宿泊料を尋ねると
日本橋の三ツ星スペインレストランのコース料金より高く、
一瞬ひるんだものの
また来られるかどうかわからない秘湯・・・
「ええい、ままよ!」と、独断で露天風呂付きの部屋を決めた。
e0018374_10523389.jpg

昭和初期に山口の炭坑王が建てた別荘。
ここのお風呂は日ごとに色が変わって いくのだそう。

シーズンオフの週始め、お風呂は常時貸し切り状態。
お湯の色、手前と奥で違うのがわかるでしょうか・・・
e0018374_1119569.jpg

手前はコバルトブルー
e0018374_11201519.jpg

奥は紫がかった透明
e0018374_11203554.jpg


部屋露天
[PR]
by irdecopas | 2007-02-20 07:00 | 九州 kyushu

湯けむりの里 en 鉄輪温泉

お宿は、鎌倉時代に一遍上人が念仏行脚の途で築いたという
鉄輪(かんなわ)温泉」でとることに。
別府八湯のうち、最も湯治場の雰囲気を持つところ。
街の至る所からモクモクと湯煙が上がっている。
e0018374_10245815.jpg

もちろん、イオウの匂いも漂ってくる。

行き当たりばったりで旅館を確保した時間が遅く、夕食は外で。
タクシーの運ちゃんお薦め店「魚豊」さんへ

地の魚
[PR]
by irdecopas | 2007-02-19 16:00 | 九州 kyushu

目指すは温泉天国 en 別府

「今夜はとりあえず温泉に入りたい。」
我が望みは、とにかくお湯に浸かってボーッとすること。
そして、行く先は大分県「別府温泉」に決定。
もちろん、湯布院や黒川温泉も候補に挙がったが
歴史も古く、湧出量・源泉数ともに日本一
温泉地の王道で、何より海の近くというのに惹かれた。

博多から高速道路で約2時間、別府駅に到着。
e0018374_9294217.jpg

構内の観光案内所で別府八湯のガイドブックを入手し、
温泉街の散策へ。

寂れた商店街を歩くと、タイムスリップした気分。


e0018374_9333099.jpg
e0018374_9335697.jpg


Más
[PR]
by irdecopas | 2007-02-19 14:00 | 九州 kyushu

九州旨かもん巡礼 en 博多

本当は2月中下旬、2年ぶりのスペイン・カタルーニャ旅行!!
のはずであったのだが・・・
やむを得ない事情があり、急遽旅先を変更。
「どうせなら、旨いものと温泉だよね」と
九州行きに決めた。
往路の福岡入りエアチケット&レンタカーのみ予約、
前日、友人数名に連絡し情報収集した。

出発の日、いきなりつれが寝坊して
一便遅らせるというハプニングがあったものの・・・
無事、福岡空港に到着。

まずは、これ。
大砲ラーメン』(天神ISM店)
e0018374_10105862.jpg

「長浜ラーメンは、呑んだあとに食べる感じです。
お昼なら、久留米ラーメンですね。」
レンタカーオフィスのにいちゃんの薦めで、
カーナビに場所も入力してもらい、ありついた。
まろやかで味わい深いスープ。
「うまか〜」 ホッと一息。

Más
[PR]
by irdecopas | 2007-02-18 14:00 | 九州 kyushu

Tapas Chinas en 老香港酒家 小菜館

休暇に入ってすぐ、所用のため三ノ宮へ。

一晩は、大阪から出向いてくれた友人と一緒に食事。
神戸と言えば、中華&中国料理やねと
選んだお店は、2月にオープンしたばかりの『三宮 小菜館』
神戸北野の名店、Old Hongkong のニューブランドだ。

まずは、前菜小皿を3品。
『中国豆腐と干し椎茸煮』(上) 
優しく甘い汁を吸ったピーナッツがまた旨し。
e0018374_984083.jpg

『豚耳とザーサイのピリ辛和え物』(下)
これは、歯ごたえが何とも言えず。スペインのOrejasと どっちが旨いかな・・・

『蒸し鶏の葱・生姜ソース』
e0018374_985488.jpg

鶏はもちろん、細かく刻んだネギとショウガのソースが、とても美味。

Más
[PR]
by irdecopas | 2007-02-11 19:30 | 神戸 kobe