<   2006年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

公開実技 en 芙蓉の間

やっと出番が廻ってきた。
一人一人、名前を呼ばれて壇上にあがる。
全員、揃ったところで椅子に座り、自分の演技の番を待つのだ。
e0018374_12105816.jpg

ふっと客席を見ると、大きなライトが左右に1つずつ、そして
小さめのライトが正面から2つ、舞台をガンガン照らしている。
「ま、眩しすぎる・・・」
光がバッチリ当たり、前から数列までの客席しか見えない。
悪い方の左目が全然ダメだ。瞳孔が開いてしまう。
この時、何とも不思議な感触が身体を駆け巡った。
「もう、いいや。思いっきり、みせてやろう。」
そう思うと、急に楽しくなった。
すると、客席に友人のK子さんの顔が見えた。
思わず手を振った。気付いてくれたかな・・・?

それぞれのベネンシアドールが、思い思いのスタイルで注いで行く。
こうして、他の人の実技を見るのは初めてだ。個性があって面白い。
いよいよ、自分の番。
笑顔で挨拶して、真ん中に立つ。

Más
[PR]
by irdecopas | 2006-10-31 12:44 | Venenciador シェリー

最終審査へ

合格発表の後、すぐにまた筆記試験&デグスタシオンが始まった。
二次試験の行われたのと同じ会場で、12名が座っている。
この中から二人、優勝・準優勝者を選ぶのだ。

試験はたったの15分間。
記入は、全てスペイン語で書かなければならないが、
筆記は拍子抜けする位、簡単なものが2問だけ。
”Mosto Concentrado Rectificado” とか、
”Macharnudo, Balbaina, Miraflores, Pastrana"とか
”Saccharomyces Ellipsoideus" とか
Cupos について説明する、とか(笑)
覚えていたのは、全然使わなかった。

きき酒は、2種類。
1つは、テーブルに置かれる前にわかるくらい色の濃いもの。そして極甘。
Pedro Ximénez
もう1つは、琥珀色。ひとくち含んで即答。
Amontillado
結局、壇上での公開実技が関門なのだろう。
こうなったら、もう、あとは運試し。
アモンティリャードを飲み干して、終了の合図を待った。

Más
[PR]
by irdecopas | 2006-10-30 11:40 | Venenciador シェリー

二次試験 en ガーデンコート

会場のニューオータニ・ガーデンコートには、お昼の12時30分に集合。
控え室に着くと、すでに参加者が大勢着替えて待機している。
全員、白いシャツに黒いズボン、腰には赤いファヒン。
60人も同じ格好をしていると、圧巻だ。
先週買い揃えた我が衣装に袖を通し、ふんどしを締める勢いで(経験はないが)
ファヒンを腰にぐいっと巻いて、いざ、出陣!

Más
[PR]
by irdecopas | 2006-10-29 16:32 | Venenciador シェリー

まずは結果報告

昨日、10/26(木)第5回ベネンシアドール公式称号資格認定試験の二次試験と
最終選考が紀尾井町のホテルニューオータニ行われ・・・
何と、『ベネンシアドール公式称号資格』に認定されました!
応援して下さった皆さま、有り難うございました。
とても貴重な経験をすることができました。
試験当日の詳細など、追ってレポートさせて頂きますね。
取り急ぎ、報告まで!
e0018374_1132464.jpg

                                                (写真提供/食糧醸界新聞 堀口氏)

あと30分、再び睡眠をとってから出勤します^^;
[PR]
by irdecopas | 2006-10-27 10:00 | Venenciador シェリー

9日前

昨夜は、いよいよ来週に迫った試験用の黒ズボンを買いに渋谷の某百貨店へ。
「お客様、何かお探しですか?」
「黒いパンツを探してます。」
「お仕事用ですか?」
「んー。レストランのサービス業なんですが・・・」
店の仕事用でこんな値段の、もったいなくてはけるか!!!
と内心思っていると、きっと店員さんも同じこと考えてるような、少し怪訝な顔。
「実は、コンテストみたいなのがありましてね。」
と、切り出すと、「あ! そうなんですか、それなら良いのがありますよ。」
テキパキと2点を薦めてくれた。
試着をすると、ストレッチのきいた綿とレーヨンの混紡のが良さそう。
少し光沢が入っているので、カジュアルな感じではない。
「これなら、終わってからも使いやすい素材ですからね。」
そうそう、そういう一言は重要だよね・・・
買い物をしていると、接客の勉強になる。
『感じが良くて、的確なトーク。ムダなことは言わない』
ピタリと当てはまる人だった。
大きめのヒップラインが気になるが、これは服のせいではなく、自分の責任。
「これ、お願いします。」
閉店時間の訪れと同時に、購入。

あとは、白いシャツと黒い靴を用意しなくては。
ベネンシア実技の準備、あと1年あればなあ・・・
[PR]
by irdecopas | 2006-10-17 10:42 | Venenciador シェリー