<   2006年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧

Pan de higos

大量に届いたスペイン産の干しいちじく。
小ぶりで見るからに、おいしそう。
「ちょっと、スペシャルやります」と嬉しそうなジョルディ。
こんがり焼いたアーモンドといちじくのカットをまぜまぜ。

まずは、オーブンを使って焼き固めたバージョン。
"Pan de higos cocido"
e0018374_11445251.jpg

こちらは、アニス酒で風味付けしてある。

もう一つは、圧力だけで固めた、加熱しないバージョン。
"Pan de higos prensado"
e0018374_11495212.jpg

断面を見たら、食べずにはおれない! 
そのままでも良し、チーズや生ハムと一緒に、食べてもまた良し。
程よく熟成した赤ワインが欲しくなりそう。(まだありつけてない)

メニューにはないので、声かけて下さい。
[PR]
by irdecopas | 2006-02-25 16:00 | ダンジョウ Nuevo Danjo

El jueves graso

2月はスペインでもカルナバル(カーニバル)。
今日からメニューには
Fiambre de carnaval 謝肉祭の豚肉テリーヌ
Carrillera de cerdo iberico y salsa de pedro ximenes イベリコ豚のほほにくのロースト ペドロ・ヒメネスソース がお目見え。

そして、『太っちょの木曜日』にはバカ騒ぎするカルナバルに備えて
思いっきり脂っこいものを食べるのだそう。
特別に用意したポストレは『Coca de chicharrones』
e0018374_10595048.jpg

豚の背脂が入った塩味のクッキーのようなもの。本来は豚の皮も入るそう。
意外とイケる。甘口のクリーム・シェリーと合わせたら面白いかもしれない。

この日のお薦めメニューは、高カロリー重視です!
[PR]
by irdecopas | 2006-02-23 15:30 | ダンジョウ Nuevo Danjo

Cocido japonés

お昼のまかないは、ティオ・ダンジョウのお手製。
今日はあっさりと和で、『煮物』
e0018374_958768.jpg

じゃがいも、にんじん、インゲン、大根にごぼう、さつま揚げ、鶏肉、イカなど具沢山。やっぱり落ち着く味 ピリッと赤唐辛子もきいて、白いご飯もすすむ。

コックコートが割烹着に見えてきた。
[PR]
by irdecopas | 2006-02-22 16:00 | Danjoマカナイ Comidas

Paella de Montaña

しつこいようだが、最近とても忙しく、一日終わると放心状態。
腰がズッシリ重くなる。何か取り憑いてるんじゃないか? というくらい。

お客様が引けた後、へろへろの足でキッチンに入ると美味しそうな匂いが。
「今日はパエリャです!」とジョルディ。
鍋がパチパチと、出来上がりの音を立てている。
e0018374_1151827.jpg

名付けたのは『山の幸のパエリャ』 
にんじん、グリンピース、玉ねぎ、イベリコ豚のほほ肉、トマトソース、などなど・・・残り物を全部投入した スペシャルものだ。

若飲みの赤ワインと一緒にガツガツ食らい、ホッとひといき。疲れも和らぐ。
一日の終わりに、明日への活力。
[PR]
by irdecopas | 2006-02-20 22:50 | Danjoマカナイ Comidas

番外編--Fideos de Kyushu en Yoga

スペイン料理&ワインにどっぷりと浸かっている毎日。
まだ駆け出し(という歳ではないが)ながら少しは仕事に慣れ、面白くもなってきた。しかし最近、ボディーブローのように効いてくる疲労のパンチ。三十路も半ば過ぎの身体にはハッキリ言って堪える。もろみ酢とシークヮサー、マッサージ通いが欠かせない、今日この頃。

貴重な休日のお昼、無性にラーメンが食べたくなった。
居ても立ってもいられなくなり、足早に向かうは近所の
『九州大牟田ラーメン 柳屋』
e0018374_19224449.jpg

オープン10年目、用賀駅の近くから、中町通り沿いに移転・新装開店。
まず、食券を買ってオーダーするシステム。麺の硬さや味の濃淡はお好みで。
『柳屋ラーメン 白600円』トッピングは青ネギ絶対、少し迷って味玉。麺はふつう、かえしは醤油。計850円也。
e0018374_19331136.jpg

ここの豚骨スープは意外とアッサリしていて旨味があり、好きだ。
黒っぽいカラシ高菜(非常に辛い)を少量、ごまを入れて最後に生にんにくをほんのちょっぴり。
九州ラーメンを初めて食したのは10代のころ。福岡の直方(のうがた)で食べて感動したのを思い出した。ちなみに、紅ショウガは食べ終わりに投入する派。

常連のつれは『柳屋ラーメン 黒650円』焼豚トッピング、麺カタ。計900円也。
e0018374_19275838.jpg

柔らかいチャーシューが、麺が見えないくらいたっぷりと。何kcalあるのだろう?一瞬愚問が頭を過った。前述の白に、焦がしニンニク油がたっぷりと入って、コクとパンチの効いた味。

スペイン在住の皆さま、ごめんなさい。東京にお越しの際は、ぜひ!
[PR]
by irdecopas | 2006-02-19 19:55 | 東京生活 mi vida Tokio

Montadito de tortilla con habas

毎年、誕生日をダンジョウで祝うお客様がご来店。
ピンチョスのリクエストがあって、その中の一つ。
『そら豆トルティーリャのモンタディート』
e0018374_15133818.jpg

カリッと焼いたパンの上に、空豆入りのオムレツ、そしてお馴染みのブティファラを刺して。美味しそう、美味しそうと呪文を唱えていたら、マカナイにひとくち登場した。(sin butifarra)
小ぶりのそら豆は、ほろ苦くて 卵の甘みと塩味との相性抜群。

トルティーリャでもこれは完璧に、ツマミの味!
[PR]
by irdecopas | 2006-02-16 21:00 | ダンジョウ Nuevo Danjo

至福ワインの宴 en 渋谷マドリード

久々の2連休、大阪から友人のKさんがレアなスペインワインを携えて上京。
ご相伴にあずかるとあって、先週から体調を整えて臨んだ。
場所は渋谷のレストラン・マドリード
ワイン勉強会ではいつもお世話になっている愉快な飲み友達のTさん
スペインから一時帰国中でお次はコスタリカへ転勤、酒豪で料理上手のJさん
ミシュラン3星から街角のバルまで一人で巡る筋金入りの浪速グルメOL Kさん そして、我が家から飲ん兵衛二人の合計5名が参加。
事前にオーナー宮内さんにお願いして、赤6本を持ち込み。
まず、Pedro Romero のマンサニーリャオーダーしてノドを潤しつつ、タパスを摘んで助走。ワインを全部を抜栓してもらって、宴スタート。
食道楽、スペイン好き、酒好きが集まると話題には事欠かない。
あっという間に5時間が経過し、締めのCodrníuのカバを含め計8本!のボトルが空いた、壮観な光景。
e0018374_1135245.jpg

特に印象に残ったワインはというと・・・
まず Torremayor 2001 Crianza
DO Ribera del Guadiana
スペインはエストレマドゥーラの新進ボデガ、Viña Santa Mariaの女性醸造家が造る、テンプラニーリョ100%。穏やかでまろやかな中に果実味もしっかり活きて、グー。

そして、やはりプリオラートから。
e0018374_11401024.jpg

左がFinca Dofi 1997
右がScala dei Cartoixa Reserva 2001
べろんべろんになりながらも、やはり印象に残ったこの2本。
モダンな造りに変身したスカラ・デイ そしてフィンカ・ドフィは程よく熟成してスパイシー、かつブドウの力強さを感じることができた。アルバロ・パラシオスとKさんに深く感謝。

お食事は、マドリード自慢のグリル料理。
e0018374_11512100.jpg

イベリコ豚、富士鶏、コルデロ、そして三浦の無農薬野菜たち。
お肉はもちろん旨いが、付け合わせの野菜の甘いこと!
「このキャベツと赤、合いますね〜」とJさん。本当にマリダッへがたまらない。

ワインと楽しい仲間との語らいは、人間を幸せにしてくれるのだと改めて感動しつつ帰路についた。帰り道、ちょっと気持ち悪くなったけれど・・・
[PR]
by irdecopas | 2006-02-11 21:00 | ワイン・シェリー Vinos

Trinxat de La Cerdanya con butifarra

前々から紹介したかった、面白い一皿。
『野菜のオムレツ カタルーニャ風ソーセージ添え』
e0018374_950623.jpg

イメージしやすい様にオムレツ、と名付けているが卵は使っていない。
trinxar はカタルーニャ語で「潰す」の意
まず、ジャガイモとキャベツを潰したものを焼き固める。
カタルーニャの腸詰、ブティファラは、セラーノの尾島氏特製。丸ごと一本を使います。
e0018374_951138.jpg

(Tu hijo es muy buen cocinero!)
カタルーニャはフランス国境にほど近い、ラ・セルダーニャの郷土料理だそう。
かくし味(隠れてませんが)はニンニクなど、など。
何となく、じゃがいものチヂミを彷彿とさせるのが不思議。
間違いなく、ビールが進む味だ。

今度、メニューに載っていたら是非!
[PR]
by irdecopas | 2006-02-07 21:00 | ダンジョウ Nuevo Danjo

Fiambre piñonado

『豚肉と木の実のテリーヌ マヨルカ風』
e0018374_952094.jpg

スペイン版「パテ・ド・カンパーニュ」とでも言おうか。
松の実、アーモンド、ドライアプリコットに、マヨルカ島の腸詰「ソブラサーダ」も入っている。
実はこれ、スタッフの大好評を博したジョルディの試作がメニューに昇格したもの。胡椒もピリっときいて、ほんとうにウマい!
1Fのバルから、常連アメリカ人の「お替わり」情報が届いた。

料理人は美味しいもので人々に喜びや感動を与えることができる。
自分は一体どんなサービスで様々なお客を満足させることが出来るのか。
非常に悩ましい、課題。
[PR]
by irdecopas | 2006-02-04 15:30 | Danjoマカナイ Comidas

Tapas de hoy

1Fのバルは定番と日替わりで常時30種類のタパスが揃う。
お昼から仕込みをして、14時からのオープン。
この日は・・・
Datiles con bacón 『アーモンド入りなつめやしのベーコン巻きソテー』
e0018374_9551522.jpg

Croquetas con jamón ibérico 『イベリコ豚生ハムのコロッケ』
Alcachofa a la plancha 『アーティチョークの鉄板焼き』
Orejas a la plancha 『豚耳の鉄板焼き』
e0018374_9562720.jpg

Pimientos fritos 『ししとうのフリット』
Callos a la madrileña 『牛胃袋の煮込み マドリッド風』
Embutidos variados 『腸詰 各種』
e0018374_9571810.jpg

Ostras gratinadas 『カキのグラタン焼き』
Albóndigas de cerdo ibérico 『イベリコ豚の肉団子』
e0018374_1013129.jpg

こうして、お客に食べられるのを整然と待っている。
良心的な価格帯、ぜひ一度お試しあれ(手前味噌)。
e0018374_9575240.jpg

ちなみに、このブログは個人的趣味でやってます。念のため・・
[PR]
by irdecopas | 2006-02-04 14:00 | ダンジョウ Nuevo Danjo