<   2006年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧

Mollejas al jerez

Me gustan mucho los platos que contienen tripa.
En Japón, se la cocina de varias maneras.
Especialmente, me encanta el estofado de tripa y el pincho de molleja que sirven como YAKITORI, el cual va bien con sal y la salsa " YUZUKOSHOU"
Es muy sabroso y esa textura es muy carnosa.

Y, como plato español me gustan mucho " Las mollejas al jerez"
e0018374_1394437.jpg

(Este plato fue preparado por Jordi.)

Al principio, se saltea en la cazuela la molleja con aceite, sal y pimienta.
Luego, se cuece un poco y se le echa un poco de ajo picado y se sigue cociendo más.
Al final, se echa un poco de jerez en la cazuela y se cuece hasta que se evapore el alcohol.
Tiene muy buen olor de ajo.
Va bien con la cerveza, sin duda, el jerez y la manzanilla.
Naturalmente hace que beber sea aún más rica.
[PR]
by irdecopas | 2006-01-26 22:50 | En español

Revuelto de esparragos con morcilla

見慣れた一皿だと思いませんか。
e0018374_10393585.jpg

『グリーンアスパラとモルシージャのかき玉子』
revuelto がスペイン語で「かき混ぜた」 の意。
スペインではバルなどで人気の定番メニューなのだそう。
まさに、スペイン版「カキタマ」だ。
モルシーリャ(血入りの腸詰め)が味のアクセントになっている。

ご飯が欲しくなりそう?!
[PR]
by irdecopas | 2006-01-26 21:00 | ダンジョウ Nuevo Danjo

El juego

キッチンでは冷蔵庫に残ったイチゴで、突然何やら始まった。
e0018374_10584427.jpg

『生の海老とイチゴのワン・スプーン』

噛むごとに、エビの甘み、イチゴの甘酸っぱさとオリーブオイルの香りが口の中に広がって残る。余韻も長くて一さじで3度楽しい、という感じ。
これが甘エビかボタンエビだったら、ものすごいことになりそうだ。
「コレは、サンパウの レシピですから」とことわるジョルディ。
素材もすごそうだが、ワン・スプーン一体いくらするのだろう・・・
[PR]
by irdecopas | 2006-01-23 22:47 | Danjoマカナイ Comidas

Morcillos de buey a la pepitoria

この日、東京にもついに雪が積もった。
お客様の出足が鈍いかな、キャンセル続出か・・・ と思いきや
クリスマス時期を超える、入客数! 意外や意外、嬉しい悲鳴。

『仔牛すね肉の煮込み ペピトリアソース』
e0018374_1130238.jpg

ペピトリアは。昔サフランが高かった時代に、ゆで卵の黄身を使ってサフラン風に仕上げたソースのことだそう。
でも、これにはサフランが入っている。アーモンドや玉ねぎなどの野菜、白ワインベースの中へ、お客様に出す直前、生の卵黄を解き入れる。黄身が熱で固まらないように、とろとろの状態で出すのが現代版・ジョルディ風。
骨付きの肉は、コラーゲンもたっぷり入って、ほろほろに。

お皿の脇にブロッコリーがぽろっと落ちているのは・・・
運良くま○○いになったものを撮りました。 ごめんなさい。

そろそろ、牛になりそうです。
[PR]
by irdecopas | 2006-01-21 23:00 | ダンジョウ Nuevo Danjo

"El Castellano" en Tokio

El 4 de enero por primera vez este año comí platos españoles que no eran MAKANAI (comidas para el personal).
Fuí al restaurante enpañol con mis amigos "El Castellano" que está situado en Shibiya.
Este restarante fue inaugrado hace 20 años por el Sr. Vicente Garcia de Toledo. He ido varias veces antes con mis amigos o mi marido.

El Sr. Vicente tiene buena relación con el Sr. Danjo.
Él viene a Mesón Tío Danjo todos los años para celebrar el fin de año con el personal en nuestro restaurante. Yo comí y bebí mucho con ellos esa noche.
Y pensé en ir a su restaurante cuando empezaran trabajar a comienzos del nuevo año.

El ambiente del Castellano es tan bueno como el de un restaurante típico de España y no ha cambiado para nada desde hace mucho tiempo.
Allí se puede comer sin duda platos enpañoles y castellanos muy tradicionales.

Nosotros éramos 5 y al principio pedimos:
*Chorizo y lomo
*Alubias estofadas con acelgas
(eran parte unos de los platos recomendado del día)
*Gambas al ajillo
*Champiñones a la Segovia
*Conejo con salsa de tomate

En el menú el conejo estaba como "conejo al ajillo" pero el Sr. Vicente cambió la salsa para diferenciarlo del sabor de las gambas al ajillo.
También mis amigos aconsejó que empapararon el pan en la salsa de ajo porque es una costumbre española y porque es muy sabroso.

Luego pedimos:
*Queso manchego
*Alcachofa a la plancha
*Pollo en pepitoria (otro plato recomendado del día)
*Paella a la valenciana

"Pollo en pepitoria" es un plato típico madrireño. En la salsa se utiliza cebolla, huevo duro, almendra, y vino blanco etc.
El sabor era muy suave como el de un plato casero.
Me gusto más la alcachofa a la plancha porque era muy simple pero muy sabroso. Por supuesto, la paella era muy buena porque estaba tostada.

Bebimos 4 botellas de vino (una botella era regalo de parte del Sr. Vicente) y por ultimo comimos un plato de queso de Isla de Canalias con mermelada
de postre.
Esábamos todos muy contentos con la comida y el servicio.

Todo el mundo va a poder disfrutar del ambiente de un restaurante y va a poder conocer el sabor de la comida castellana y sus costumbres.
Tal vez sea el restaurante castellano y español más tradicional de Tokio y Japón.
[PR]
by irdecopas | 2006-01-17 11:15 | En español

Tarta de manzana

頂き物のリンゴを、食べきれずお店に持参したのが年末。
残った4個を大きなフライパンで全部ソテーして、ジョルディがポストレに変身させた。
『林檎のタルト』
e0018374_0105017.jpg

上にかけたカラメルはちょっと甘いけど、甘酸っぱい果実と相まって、
ほどよい加減。疲れた身体にじんわり染み込む、有り難いマカナイ。

一体いつの間に、彼は作ったのだろう?
[PR]
by irdecopas | 2006-01-16 23:00 | Danjoマカナイ Comidas

Paella parellada

今週は、初っ端に風邪をひいて体調今ひとつ。
8日の「ウルルン滞在記」の影響か、お客様からは ハモン・イベリコ&イベリコ豚の肉団子 のオーダーが殺到。メディアの力を再認識した一週間。

そんな週末のマカナイは『パエリャ・パレリャダ』
e0018374_16591064.jpg

あらかじめ、魚介類の殻から身だけを取り出して炊き上げて、そのまま食べられるパエリャのことだそう。自分でエビの殻を剥いたりするのが美味しいのに、と思うのは 庶民の発想?
e0018374_1710446.jpg

ま、殻なしでも旨いけど。

もちろん、メニューのパエリャ・ミクスタは有頭エビ、ムール貝、あさりなどは「殻付き」です!
[PR]
by irdecopas | 2006-01-14 23:00 | Danjoマカナイ Comidas

Bacalao al ajoarriero

今夜は冬本番にピッタリのメニューが登場。
『タラとジャガイモのアホアリエロ(馬方風ソテー)』 
e0018374_1694839.jpg

舌を噛みそうな、滑稽な名前。でも正真正銘、ナバラ地方の郷土料理だ。
にんにく、ベーコン、ワインビネガーが味のベースになっている。
アツアツの状態でお客様のもとへ。

白ワインで舌を冷やしながら、食べるのが良いでしょう!
[PR]
by irdecopas | 2006-01-12 21:00 | ダンジョウ Nuevo Danjo

Sepia a la plancha

新年は6日、ロス・レジェス・マゴス「東方3賢人」の日からの営業。
沢山のお客様が訪れてくれた。
一週間の休み明け、すっかり重たくなった身体も何のその。

今宵のマカナイは、あっさりと『モンゴウイカの鉄板焼き』
e0018374_10345183.jpg

サッと焼いたイカの背に、ニンニクオイルを塗りたくるジョルディ。
「日本なら、ここで醤油なんだよね〜」と声を揃える他スタッフ。
でも、ニンニクの焼ける匂いも、たまらない。
ここは、もちろん、セルベッサ。

今年も宜しくお願いいたします。
[PR]
by irdecopas | 2006-01-07 23:00 | Danjoマカナイ Comidas

家めし--寝正月ワイン

e0018374_1150129.jpg

グラン・レセルバ以降、この正月に開けたビノ達。
左から、Condesa de Leganza Reserva 1995 ラ・マンチャ産。
これは、暮れに親友から贈られた赤。もちろんテンプラニーリョ主体。
程よく熟成してなめらか、とてもバランスが良く飲みやすい。リオハの老舗ボデガ、ファウスティーノの傘下だそう。値段を調べたらとってもお値打ちでビックリ! ミディアム・ボディで探すなら、ハッキリ言って「買い」だ。

二番目は、昨年末とある試飲会で気に入った、ナバーラの赤。
ネットで購入したSanta Cruz de Artazu 2002
ガルナッチャ100%、押し寄せるすごい果実味がしっかりとしたタンニン、酸とうまくバランスを取っている。あと数年寝かせても良かったかも・・・と思いつつ、飲み干した。ちょい高だけど、お正月だから良しとして。

こんなに赤を開けてしまったのには理由が。但馬牛の「ヘレ」肉
e0018374_11513498.jpg

塩とコショウだけでさっと焼いて。残った脂と肉汁でお餅もソテー。
兵庫に住む両親に手を合わせながら、バクついた。

白は右から2番目、Milmanda 2002 Torres
シャルドネ100%。こってり、とろーりゴージャスな品の良さが味わいに溢れている。言わずと知れたミゲル・トーレス傑出の白。しかし、私にはちょっとゴッつすぎる。確かに美味しいのだけど。 やっぱりアルバリーニョ派です、所詮。
料理が餅ピザってのも役不足でした、ハイ。自宅で飲むより、レストランで頂くのにふさわしいビノ。(と、逃げる)

カバは年末年始の必需品。
Raimat Gran Brut
何とシャルドネとピノ・ノワールから作られた、珍しいもの。わざわざライマット社はD.O.カバから脱退してまで、これを造ったのだ。そんなこと言われたら飲まずにはおれない。コクがあって酸もしっかりとして、旨い! 個人的には高いだけのシャンパーニュ(美味しいのもあるけれど)より数段おすすめ。

以上、世田谷より飲んだくれ正月報告でした。
[PR]
by irdecopas | 2006-01-04 16:07 | ワイン・シェリー Vinos