カテゴリ:Barcelona( 14 )

Molt bé! Barcelona - 4 Una estrella de Michelin "Alkimia"

バルセロナ三日目。やっと、晴れ間が覗いてきた。

朝、早起きして向かったのは

e0018374_11593630.jpg


「ボケリア」の愛称で地元の人々に親しまれている、サン・ジョセップ市場。
カテドラルに並んで、バルセロナの大好きスポット。

朝ごはんの買い物。
オリーブのマリネと、朝採れのお野菜を沢山買い込み、

「生ハムが食べたいなあ」と、父。

e0018374_1203944.jpg


おばちゃんの営業トークに乗せられ、最上級のイベリコ・ベジョータを100g購入。

魚売り場は、一番ワクワクする。

e0018374_1223466.jpg


e0018374_1232462.jpg


「あの、いわしを料理してやりたい」と意欲満々なるも、

短い滞在で、食べきれないと断念・・・

ホテルにて、手作りの朝食を済ませて、午後は別行動。

tomoさんと待ち合わせして、旧市街のワインショップを散策した後、

いざ、ミシュラン一つ星、Alkimiaへ・・・ Ens n'anem ! (合ってる?)

と、その前に

今回、レストランの予約を一手に引き受けてくれた tomoさんに、まずは感謝。

アルキミアのオーナーシェフ、ジョルディ・ビラと

彼女が働いているels Casals のシェフ、オリオールは

同じ料理学校卒業の友人でもあり、元同僚だそう。

日本にも仕事で一緒に招かれたことがあり、彼女も同様のイベントに参加している。

モダン・カタルーニャ料理を体験したいという、数年越しの我が念願を

彼女の経験と人脈が、叶えてくれた。

Más
[PR]
by irdecopas | 2010-04-26 13:24 | Barcelona

Molt bé! Barcelona - 3 Nova Cuina Catalana "TOC"

変わりやすい東京の天気に翻弄される毎日。

更新も、なかなか出来なくて・・・(言い訳) やっと、先月旅二日目のお昼。

このブログを始めたおかげで知り合えた、素晴らしい友人で料理人のtomoさんと待ち合わせ。

最近話題になっているレストランを、彼女が予約してくれた。

バルセロナ新市街エイシャンプラ地区の、モダンカタルーニャ料理
「TOC」で食べた、印象的なお皿を追憶。

e0018374_12162388.jpg


ブランダーダとエスカリバーダ(焼き野菜のマリネ)に、ポーチドエッグを添えて。

香ばしい茄子とパプリカの甘みを、クリーミーでしっかり味のブランダーダと
まったり温泉タマゴを両方絡めて食べる・・・

とろり、ほんのり甘くて、しょっぱくて、旨い。

食感は、あくまでも滑らか。野菜も噛むと、とろける。

思わず頬が緩んだ!!!

「うん、これは旨い」

70になる父も、あっという間に平らげていた。

老若男女に喜ばれる味。


それにしても、このほかに・・・

カルソッツの冷たいスープ

フォアグラのボンボン 青りんご添え

うさぎのエスカベチェ、グリーンピースとレンズ豆添え 白アスパラとパプリカのソース

e0018374_8315424.jpg


ブランダーダが出て

アーティチョークと生ハムのカリカリを乗せた、サンペドロ(まとう鯛)のソテー じゃがいもピューレ添え

e0018374_8324495.jpg


フォアグラと牛フィレ肉のステーキ

e0018374_8332893.jpg


トマトジャム添え チーズ

ヨーグルト チョコレートソース・・・・・

しめて8皿、最初のスナックを入れると9皿。 45ユーロ。 お腹ははちきれんばかりで。

クラシカルなスタイルと、モダンな技法の両方がミックスされた
なかなか、興味深いメヌー・デグスタシオン。

この夜は、もう食事抜きで

e0018374_12423579.jpg


初リセウ劇場の、オペラ体験。

天井から、歌声が脳細胞に染み渡った。
[PR]
by irdecopas | 2010-04-24 12:44 | Barcelona

Molt bé! Barcelona - 2 Ciutat Vella

晴天のバルセロナに迎えられて・・・の、はずが

e0018374_137337.jpg


2日目の朝、パッとしない天気。 

月曜日だし、見所は休館日が多いから

まずは、旧市街をブラブラすることに。

友人、sidoredoさんの案内で

e0018374_1326451.jpg


5年前は、まだ発掘中だった、ローマ時代の墓群。
復元され、整然としたモニュメントに。

e0018374_13242185.jpg


5回目のバルセロナで、たぶんきっと初めて通った ユダヤ人街に

e0018374_1337366.jpg


シナゴーグ。

ここが、カプサネスにコーシャワインの依頼をしたところか・・・

と、朝からマニアックな想像を思い巡らせつつ

e0018374_13465419.jpg


1930年代の内戦時代、カタルーニャ人が弾圧され、処刑場となった広場。
弾痕が、壁面に無数に広がっている。

「ここに来たら、カテドラル詣でしないとね。」

大聖堂前まで行くと、少し光が差してきた・・・

Más
[PR]
by irdecopas | 2010-04-06 14:48 | Barcelona

Molt bé! Barcelona - 1

7泊9日の欧州旅行から、無事に帰国。
5年ぶりのバルセロナ、そして一泊だけ7年ぶりのパリ。

年老いた父と、初めての海外旅行。

長年、長旅もままならない立場から開放された、昨年末。

「暖かいヨーロッパに、行きたいなあ」と
父が、ポツリ。

それなら、イベリア半島しかないでしょう、ということで
今回の旅が、すんなり決まった。

しかも、地中海側が天気良いよ
友だちもいるしね。
(以前、断念したEls Casals にも行ける!!)

そんなこんなで、嵐の翌日21日、 朝8時半
品川駅で待ち合わせ。

珍道中レポート、始まり・・・

Más
[PR]
by irdecopas | 2010-03-31 16:14 | Barcelona

Voy a Barcelona!!!

更新もままならないほどの、貧乏暇なし生活のわりには

来週日曜日から、バルセロナへ。

今週に入って、やっと旅気分が盛り上がり

思わず、長年使った携帯をau から

思い切って、iphone に乗り換えた。

でも、まったく使いこなせず四苦八苦。

ただ、取扱説明書がないぶん

勝手にいじっている間に、使い方を理解するというのが

性には合っているよう(笑)


バルセロナは、5年ぶり。

今回は、人生で最初で最後?の 父との旅行。

友人を頼り、オペラとクラシックコンサートに

星付レストランをいくつか廻る予定。

食の見本市、アリメンタリアにも入場できるかも。

最後はパリに一泊、ルーブル美術館へ。

ワインショップと、美味しいビストロにでも行きたい。


準備は全く進んでいないが、行けば何とかなるだろう。

バルセロナの皆さん、待っててね!
[PR]
by irdecopas | 2010-03-18 12:52 | Barcelona

バルセロナ食い納めは、チノ。

とうとうスペイン最後の昼めし。
俄然食欲が沸いてきた。ガッツリ食べたい気分。
アロス・ネグロかパエジャ・・が頭に過ぎるも
つれの「麺、食べたい」の一言に完敗。
昨日友人が「旨い手打ちラーメンの店がある」と言っていたのだ。

カタルーニャ広場から地下鉄で数駅のところにある「鶴城酒楼」
期待に胸膨らませて入店。お店の内装は広くて簡素。
お客はアジア系のカップルが2名。
メニューに目を通すと同時に 胃が鳴る
とりあえず、ビールと『中国菜の炒め』の基本セット
e0018374_9231571.jpg
ホントに旨い この青梗菜。バルセロナに居ることを忘れた一皿。

『Pato al Sal』鴨の冷製 をメニューに発見!!
e0018374_9241719.jpg
肉の味が濃い〜 塩味が利いて◎ 黒酢がまた合う

そしてこの店お薦めの『自家製豆腐の炒め』
e0018374_922503.jpg
中国風揚げ乾豆腐と野菜 オイスターソースが利いて 紹興酒が欲しくなる

『揚州炒飯』 えらく黒くてちょっと驚いたが 味は絶品のタイ米チャーハン
e0018374_9275747.jpg

そしてお待ちかねの『雪菜麺』(左)と『三味麺』(右)取り分け後
e0018374_9374818.jpg
手打ちの麺は平打ち太め、コシあり。大好きな渋谷の喜楽を彷彿とさせる。
雪菜麺のほうは、スープはあっさり醤油味。三味麺は野菜と魚団子?と卵の入った麺 スープは白濁で魚介の風味

ビール4本と上記6品で30ユーロ お腹パンパン 世界のチナ やはり偉大だ。
隣の円卓にはいつの間にかスペイン人の団体が20名ほど 水餃子もかなり旨そう。
白いご飯とおかずを箸で器用に食べる姿に 思わず友人が「合格!」と掛け声。
[PR]
by irdecopas | 2005-06-10 14:30 | Barcelona

最後のはしご

スペイン最後の夜は、大阪在住のワイン友と待ち合わせ。
彼女はこの時期、スペインの星付きレストランとバスクのピンチョス・バル
食い倒れの旅を決行中。一晩だけバルセロナで会うことができた。
そんなに食欲はないけれど、ちくちく飲りたいってことで新市街のバル巡りに。

まずは老舗のカバ・バル「La Bodegueta」 からスタート。
時間は夜の9時過ぎ、まだ明るいが店内はお客でひしめき合っている。
物凄い混みようで、オーダーも出来ないくらい。
やっとの思いでカウンターの肩入れスペース発見 ダークダックス作戦決行。
カバとカーニャ、そして『Anchoa』
e0018374_15573282.jpg
ドン辛のカバとの相性、抜群。

『Queso』 羊乳と牛乳のブレンドか? 程良くこくあり、食べやすい。
e0018374_1615382.jpg


ここでは一杯で切り上げて、お次はバレンシア通りの「Taktika Berri」
コドルニゥの人に教えてもらった、地元で一番人気のピンチョス・バル。
レストランスペースはもう数ヶ月先まで予約で一杯らしい。
やはり激混み。カウンターと椅子の争奪戦に加え、
ぼさっとしていると、出来たてのピンチョスも あっという間に無くなるのだ。
飲み物は当然、チャコリ。大きなグラスに数センチ注がれる、バスク・スタイル。
とりあえず数個、口に入れて落ち着いたら、撮影を思い出した。
『食べかけのPescado frito y Croquetas de jamón』
e0018374_1847598.jpg

ここのコロッケは本当に旨かった。

腹ごしらえが終わったら、お次はワイン・バル。
ここから数軒先にある「CATA1.81」珍しいワインがグラスで試せるらしい。
小じゃれたカフェっぽい内装に少々怖じ気づきながらも入り口付近のイスをゲット。
ビエルソの赤と、この旅で美味しさ再認識 マラガのモスカテルをデザート代わりに。
バルセロナ在住の友人も合流して、深夜までお喋り
お店のカマレロがとても親切だった。

最後はカタルーニャ・イ・ランブラのセルベッセリアでさっぱりと
イタリアビールを一杯。名残惜しさとは裏腹に、瞼が重くなる。
お店も閉店準備、2:00AM ハシゴ終了。
[PR]
by irdecopas | 2005-06-09 21:00 | Barcelona

海のアネモネって?

チャンパネリアを後にして、バルセロネータの海岸沿いまでほろ酔い散歩。
目指すは「Restaurante KAIKU」
訪問した画家夫婦の娘婿がオーナーのレストラン。
ちょいと物見胡散でやってきた。

店内は満員。メニューはカタランのみ。
昼しか営業していないというが、目の前がビーチなのでそれも頷ける。
魚介が食べたいとバスク出身のオーナー・ラファさんに告げると
お薦め料理をいくつか出してくれた。
『Zamburinyes a la planxa』ベビー帆立の鉄板焼き
e0018374_12172125.jpg
しょうがとライムのソースを添えて。これは良い。そのままでも充分旨いが。

『Berberechos a la planxa』ベルベレーチョの鉄板焼き
e0018374_12215839.jpg
ベビー赤貝とでも言おうか。プチプチしてホントに旨いのだ。
サッと火を通して塩味のみ。お好みでレモンを搾って、、
食べるのに熱中して撮影を忘れたので少し量が減っている。

『Serviola amb tomàquet confitat olivada i pinyones』
セルビオラのソテー トマトのコンフィ、オリーブオイルと松の実添え
e0018374_12304990.jpg
ジャガイモも添えられてほっこりとした味。見た目より素朴な一皿。
注文時、セルビオラが何の魚だか分からず、キッチンに連れて行かれ鍋に煮えたぎる頭(アラ)を見せてくれた。
皆口をそろえて「日本では高級魚で寿司ネタにもなってるぞ〜」と言うのだが、、、
のちに「かんぱち」と判明。なるほどね 

食べ足りないけどパエジャ食べるほどじゃない・・・
で、頼んだのが今回の目玉
『Anemona en tempura Un cruixent de mar que es desfá a la boca』
テンプラ?アネモネ? カタランで「口の中でとろける海のカリカリ」と書いてあるらしい。
e0018374_12515424.jpg

恐る恐る口の中へ・・・外はカリッと 中はとろーり。味はほろ苦く牡蠣フライのよう。
「これ、イソギンチャク!!!」思わず叫ぶ。
某スペイン料理店の店主が教えてくれた、この時期旨い海の珍味。
サンルーカルのバルで食べるつもりが、全店お休みでありつけなかったのに
こんなところでいただけるとは! しかも旨い。
アリオリっぽいソースをつけても、つけなくても。

ワインはただ白、と頼んだら出てきたのが
『Castell del Remei Blanc Planell 2004』
ソーヴィニョン・ブランとマカベオの爽やかなハ〜モニ〜
e0018374_12582137.jpg
■KAIKU
Passeig Juan de Borbo, 74
Pla. de Mar, 1 La Barceloneta
Tel. 93 221 90 82


カイクとはバスク語で「搾った牛の乳を入れる木桶」のこと、らしい。

3人でビール、白ワイン1本と5皿で約72ユーロ。週末はメヌー・デグスタシオンもやっている(約30ユーロ)
メヌー・デル・ディア(ランチメニュー)は12ユーロ位。
イカスミのパエリャも旨そうだった。 
お高めではあるが、絶好のロケーションにライトなヌエバ・コシーナ
ドッシリ系の料理に疲れたら訪れてみては。
ランチタイムのみの営業(正午〜夕方くらい)窓際の席は要予約。
[PR]
by irdecopas | 2005-06-09 14:20 | Barcelona

行きつけのバル

バルセロナを訪れると必ず立ち寄る店「Can Paixano」
6年前初めて友人が連れてきてくれたチャンパネリア。
地元のカバと気軽なタパスが格安で楽しめるとあって、日の高いうちから
老若男女で賑わっている。
e0018374_112519.jpg

ハモン、チョリソ、ロモ、ボカディージョ
うなぎのタレよろしくツギタシツギタシ使っていそうな古い油で揚げたフリート・・
ちくちくつまみながら懐かしいカットグラスで飲むカバは一杯0.45ユーロから。
浅草のホッピーも真っ青だ。
『角切りハモン&ほの甘ロサード マリダッヘ下町編』
e0018374_1113622.jpg

[PR]
by irdecopas | 2005-06-09 12:00 | Barcelona

一晩のウルルン

この夜、スペイン語の先生の紹介でバルセロナ近郊の海沿いの村、エル・マスノウに住む画家夫婦を訪問。カタルーニャ広場からマタロ線でオカタ駅へ。
駅前で出迎えてくれた彼らとご対面、片言のスペイン語で何とか意志疎通。
駅付近はヨットハーバーと小さなカジノまである、避暑地。
お家は山側のこじんまりした住宅地。アトリエのある2階からは海が向こうに。

さて、スペインめし家庭版。
プチトマトのサラダ、イワシの酢漬け、野菜の煮込み、オリーブ等々・・
旅も終盤、暑さと連日の飲みで疲れ気味、優しい味付けの家庭料理は
胃にとても優しく、徐々に食欲を取り戻した。

家庭の初『Fideuá』(麺のパエリャ) お鍋ごと撮れば良かった・・
e0018374_1742124.jpg
ランゴスティノ等々、魚介各種の出汁がきいて ちょうど良い味。
麺はスープ用の細いのを使用している、とのこと。ビーフンを彷彿とさせた。

ご夫婦は個展などで日本を10回以上訪れている、日本通。
とても優しいピラールと、お喋り好きで明るくてサービス精神旺盛のパコ。
ワイン好きの私のために、ティントは Marqués de Caseres1995 Reserva
そして、カバは Llpart Brut Nature を用意してくれた。
e0018374_17134373.jpg
 コドルニゥも良いけど、やっぱりリョパールうまい〜 超スッキリ

ポストレは近所の腕の良いケーキ職人の作る「Marco」で買ったんだ、と。
e0018374_17163013.jpg
カタルーニャ語でレモン=リィモーナ。これがまた甘すぎず、美味!
でも大きいので半分にしてもらった。

色んな話で盛り上がって、楽しい晩餐はあっという間に。
言葉の壁も、美味しい食事とワイン、そして彼らの人柄のお陰でひょいっと乗り越えらられた。別れ際、ちょっと寂しい気持ちで ベシート。
[PR]
by irdecopas | 2005-06-08 21:00 | Barcelona