カテゴリ:ルナ ジェナ La Luna Llena( 17 )

ツナのエンパナーダ empanada de atún

「お腹すいたー 何かちょっと食べたい」

そんなわがままが言えるのも、ここ、ルナジェナ だから。

e0018374_1063411.jpg


「今日は、ツナ入りね。」

エンパナーダ(詳しくはこちら)、具入りのペイストリー。スペイン、ポルトガルが起源の料理。

パクっと、ひとくち。

生地はさっくり、パイとパンの中間のようで

中身の具は、しっとり。 

ぎゅっと、旨みが凝縮した、ツナとトマトソース。

生地に包まれることを前提の、しっかりとした味付け。

この生地で、このソースを 包んで焼き上げるからこそ

お互いが、相乗効果で、美味しくなる。

包み、包まれるって、なんて幸せなこと・・・

ほんわか、心が温まる。

我が食卓。
[PR]
by irdecopas | 2011-01-20 11:11 | ルナ ジェナ La Luna Llena

お肉 La carne

ひさびさの、La Luna Llena 日曜日。

店主と、奥様ゆうこさんのお誕生日を祝って、

カバで乾杯の後、たっぷりと、フルコースを頂いた。

「さあ、おまちかね!!!」

e0018374_15294772.jpg


どかーんと、牛肉のシェリー煮。

一皿、ゆうに300gはあるだろう、お肉たち。

「白ワインと、マンサニージャで煮たんだ」

と、平山シェフ。

なるほど。

オソロシイ量のお肉が、何故だかサッパリといただける。

オロロソや赤ワインだと、コッテリするもんね。

飲み物は、ジュヴェ イ カンプス 2005

ミレジメの、熟成感のある濃い目のカヴァが、とーっても、よく合う。

もちろん、シェリーも良いけどね。

ここでは、やっぱりお肉だね。

仲間とワイワイしながら、お腹一杯に、満たされて。

カサカサしていた心が、落ち着いてきた。

やっぱり、ここは我が癒しの空間。

Todos, muchisimas gracias.
[PR]
by irdecopas | 2010-08-31 15:27 | ルナ ジェナ La Luna Llena

再会

先日の日曜日、バルセロナ郊外のレストラン

Els Casalsで働く、tomoさん と3年ぶりに再会した。

場所は、世田谷のスペイン ”ラ・ルナジェナ”

そのエルスカサルスの、オーナーシェフの奥様
マルタさんも、ご一緒に。

その日、実は、朝まで夜通し働きっぱなしで

肉体的、精神的にも疲労困憊だったのだが

mi compai

tomoちゃんの、イキイキした姿に会って

救われた気持ちに。

とっても楽しいひとときをすごしたのだが

なんと、写真を撮るのをすっかり忘れてしまった!!!!!

何ということ・・・

その代わりといっては何だが

e0018374_16284531.jpg


バテレン平山

Nos vemos en marzo, Tomoko!!!
[PR]
by irdecopas | 2010-01-19 16:40 | ルナ ジェナ La Luna Llena

Callos a la madorireña

最近、事情によりパソコンが使えなくて
更新を怠っており、申し訳ない。

やっと、新しい環境で書けることになった
最初のネタは、初心に戻り、スペイン。

「この秋初めて、作ったから。」

e0018374_1632890.jpg


先日久しぶりに訪れた、我が癒しのスポットにて。

牛胃袋の煮込み マドリッド風、だ。

クミンパウダーをお好みでかけて食べると

飲みものは、シェリーのアモンティリャードかオロロソ。

これに尽きる!!


と、いいつつその後

合格祝いに開けてもらった赤。

e0018374_16322990.jpg


ガルナッチャ主体の、エレガントかつキュートな味わい。

我が好みのレイシス、限定版。

最近、いろいろなことがあって

かなり精神的に凹み気味だけれど

こうして、一緒にグラスを傾けてくれる友がいるというのは

本当にありがたい。

また今日も、がんばるとするか。
[PR]
by irdecopas | 2009-11-18 16:44 | ルナ ジェナ La Luna Llena

お魚料理 Pescados

先週火曜日、お疲れモードで向かったルナジェナ。
いつものように、二人の笑顔でお出迎え。

ポテトサラダ ロシア風
Ensalada rusa
e0018374_12582964.jpg


お店や家庭によって、色々な味付けがあるけれど
ここのは、優しい。
黒オリーブがきいていて、ワインに合う。

ガスパチョ
Gazpacho
e0018374_130866.jpg


夏の食欲のない時に、ピッタリ。
ごくごく、あっという間に頂く。
野菜とにんにくの風味で、カラダにすっと、入っていく。

アイナメのレタス包み
Pescado embuelto en hoja de lechuga
e0018374_1311116.jpg


新しいメニュー!
ベシャメルソースを敷いて、レタスの中には
お魚と、クリームチーズ。
さかなのうま味とチーズの酸味&塩味が包まれて
その上に、ベシャメルがふんわりと。
なかなか、良いじゃない?
ルエダの白、バナナのようなアロマの
ベルデホと一緒に頂く。

「やっぱり気になるな〜」
結局、食欲がどんどん出てしまい、メインも頂くことに。

カジキマグロのソテー

e0018374_13184087.jpg


とってもスペインらしい、一皿。
トマトの酸味とオリーブ、にんにくとアサリの出汁のソースが
お魚の風味とぴったりと合う!バッチリの味加減だ。
ああ、これはシェリーですな・・・
アモンティリャードでキュッとシメ!!

の、はずが・・・

結局、こんこんと夜が更けるまで
シェリー三昧の休日夜。

平山夫妻、いつも有り難う!!!
[PR]
by irdecopas | 2009-06-29 12:55 | ルナ ジェナ La Luna Llena

Paté con Amontillado

誰が何といおうと、最強の組み合わせ。
『パテとアモンティリャード』

お休みの夜、桜新町に出来た新しい広島風お好み焼き屋で
たらふく食べて "しまった" 後(笑)
そのまま、世田谷通りまで自転車を飛ばした。
我が癒しスポット ラ・ルナ・ジェナ。

二人の顔を見ると、何だかホッとする。
「お腹一杯だと思うけど」

e0018374_1341894.jpg


牛肉、鶏胸肉とレバーのパテを少し切ってくれた。
こういう、お肉やモツのしっかりした味わいに
寄り添うようにピタッと来るのが、酸化熟成系シェリー。
しかも、アモンティリャードは
フィノのキレ味も持ち合わせているので
肉の脂でもってりとした口の中を、スッキリとさせてくれる。

ペドロヒメネスや、ドライフルーツが効いたパテなら
少し甘口のミディアムや、オロロソが良さそうだけれど
このパテの味は、お肉類中心なので。

白でも、赤でも他に合うものはあれど
やっぱり、シェリーだ。

あ!
しがらきのメニュー、牛モツのトマト煮にも
絶対、アモンティリャード!!!

お薦めです。
[PR]
by irdecopas | 2009-06-09 21:00 | ルナ ジェナ La Luna Llena

イカの墨煮 Calamares en su tinta

5月7日に、あっという間の開店一周年を迎えた
世田谷のスペイン料理、ラ・ルナ・ジェナ

ここの平山夫妻は、我が一週間店主の際
初日と千秋楽両方に来店してくれ、ずいぶんと助けられた。

お礼参りがてら(笑)オフの昨夜。
疲れもまだ少したまっていたので
カウンターに座り、ダラダラとお喋りしながら
ちょこちょこと、気の向いた料理を頂いた。

「食べてみて。」と最初に出された
豚肉入りエンパナーダ Empanada de cerdo
e0018374_12494782.jpg


ガリシア発祥の、スペイン風ミートパイなのだが
しっかりとお肉に塩味が効いて
持ち込んだ、レセルバのカバに、合う!
『ケーキ焼きの次は、これに挑戦するぞ』
密かに闘志を燃やしつつ、頂く。

「おっ、それ食べたい!」
他のお客様用に準備していた黒い物体を、すかさず注文。

小イカの墨煮 Calamares en su tinta
e0018374_1254817.jpg


ヤリイカと思われる、小ぶりのいかの胴体に
いかのゲソの他、色々詰め物が入っている。
(貴方が食べるまで内緒)
そして、このスミの味が何とも言えず、旨い!!!!!

こういう料理には、料理人の個性が出て
食べる方としては、とても楽しみなのだが
彼のそれは、後からじわーっとうま味を感じる。
滋養溢れる、という言葉がピッタリだ。

贅沢なことに、しがらき店主のフランス土産
チョコレートとスパイスを使った、印象的なピクルス様の瓶詰めを
少しずつ、一緒にパンと頂くと、
まるで、お漬け物&イカスミ飯を食べている錯覚に(笑)
とっても、懐かしい味わい。
ホーーーー 至福。

e0018374_13185652.jpg


コッテリした、バナナ様のアロマ漂うルエダの白と、合う。

もう、お腹が一杯なのだけれど
やっぱりここに来たら、シメにこれを。

e0018374_134271.jpg


Lentejas レンズ豆の煮込み。
季節を考えて、ちょっとあっさり目に仕上がっている。
いつもの、ギンディージャ(青唐辛子)をかじりながら頂くと
何故だか、するするっと、完食!!!

スペインさながらの、musicaもたっぷり。
ここに来ると、癒されて
翌日からの活力が、沸き上がる。

Muchas gracias por todo!
[PR]
by irdecopas | 2009-05-12 20:00 | ルナ ジェナ La Luna Llena

ひよこ豆の煮込み Cocido de garbanzos

5年6ヶ月前、ワインで繋がった女性4人で、シチリア島を旅した。
パレルモ、トラパニ、マルサラ、ラグーサ、カターニア・・・
それはそれは、充実した食い倒れの日々だった。

その仲間で、数年ぶりの再会。
リクエストにお応えして、世田谷のスペインで集合!
全員、飲むわ食べるわ喋るわ、メニューの上から下まで
ババッと、注文。

ハブーゴ産のハモンセラーノとイベリコ豚の腸詰盛り合わせ
e0018374_137353.jpg

こだわりの生ハム。
とりあえず、ここに来たら最初に必ずつまむ。
手を使って食べる!

セグロイワシの酢漬け
e0018374_1391055.jpg

活きの良いのが入ったそうで。
開いて仕込むの、大変だったろうな・・・
ギリギリまでビナグレが染み込んで、スペインの味。
¡Muy rico!

生ハムのコロッケ
e0018374_1393021.jpg

この、細かい衣のカリカリ感がスペイン風。
平山氏のベシャメルは、繊細。あっさり系で食べやすい。

ほうれん草のソテー
e0018374_1382233.jpg

松の実、レーズンが入って定番のカタルーニャ風。
春はお野菜が美味しい。

「煮込み食べたい!」
R子さん念願の、コシード。
e0018374_1310251.jpg

お肉は三種類入って、出汁の味が染み込んだガルバンソがウマ〜い。
ここに来ると、毎回毎回、ほっこりする。


マルミタコ(カツオのバスク風煮込み)も頂いて・・・

今日のメインディッシュ
e0018374_1395100.jpg

いわて短角牛のサーロインステーキ!!!

少し前、平山夫妻がしがらきで同じものを食べた翌日に
偶然、こちらでもメニューに入れる予定になっていた。
店主のよしださんは、すぐ食べに来てくれたそう(笑)

「肉の焼き加減は、マドリーでさんざん鍛えられた」
と、奥さんが言う通り、バッチリだ。
付け合わせの赤ピーマンとポテトが、またスペイン。
赤身と脂味、両方が ¡Muy bueno!
「この肉の美味しさを知ったら、霜降り肉なんて食べられない」
と、うちの店主がいつも言っている。
納得。

ワインは、持ち込みのロゼと、高級プリオラートを二本持ち込んだのに
すぐ、開いて「飲むものがない!!」と
ラン・レセルバの1996も開けて
シメにチーズとモスカテル&クリームシェリー。

シチリアチームの胃袋、恐るべし・・・・・

おまけ・・・
[PR]
by irdecopas | 2009-03-24 20:00 | ルナ ジェナ La Luna Llena

マルミタコ Marmitako

「いらっしゃーい!!!」
底抜けに明るいユウコさんの出迎えで、ホッとする空間。
世田谷のスペインを、また訪れた。

この日は仕事を早めに上がれたので
店主からマカナイ替わりに、
「野菜、肉、パエリャお願い」と、注文を入れたのだった。

「ちょっと食べてみて」と出て来た

Marmitako
e0018374_1195456.jpg

"マルミタコ" という名前の料理。
日本語みたいだし、たこを使ってるの?と一瞬思ったりするが
かつおとじゃがいもの、バスク風煮込みだ。
「寸胴鍋のことを、スペインではmarmita、
 その鍋を使って作る料理で、バスクの郷土食。
 必ず、かつおを使うのよ」
と、以前一緒に働いていたお店のyukariさんが
教えてくれたっけ・・・・・

平山氏のそれは、やっぱりとても優しい味。
じゃがいもが少し崩れて、ほっこりする。
少しだけピリっとするのは、ニョラかチョリセロが
入っているからかな??
(この料理には乾燥赤ピーマンが欠かせないのだ。)

Paella con costra
e0018374_11182689.jpg

タマゴドームのパエジャ!!!

costra とは、スペイン語で「かさぶた」(笑)
食欲減退しそうな名前だけれど、これは面白い。
アリカンテのスタイルだそうだが、本当に珍しい。

中は、チキンライスのようなお米で
e0018374_11211139.jpg


ふんわりスフレ状のたまごと融合すると
とっても、懐かしい。
子供も大人も、大好きな味だ。

ご馳走さまでした。

時々は、ここでスペインに浸ろう。
[PR]
by irdecopas | 2009-03-09 23:50 | ルナ ジェナ La Luna Llena

Bacalao y patata en salsa de azafrán

最近、お店のブログを始めたら
そちらの方にかかりっきりになってしまい
ついつい、こちらがおろそかに。

とはいえ、相変わらず、飽くなき我が喰い意地。

休日のお昼ご飯は、三軒茶屋へ行って来た。
評判の長崎ちゃんぽん屋「来来来」へ。

「鶏皿うどん」850円
e0018374_1059571.jpg

めっちゃめちゃウマいやん!!!(何で関西弁?)
スープの濃さも絶妙、鶏と野菜の味が麺に絡んで
じゅるじゅるじゅるっと箸が進む。
あっ!!!という間に食べて
お皿のスープまで飲み干してしまった。
勤務店の店主と、お客様からのおすすめだったのだが
今まで、知らなかったことを後悔するくらい。
全メニュー、制覇してやる・・・
ふつふつと、闘志が沸いて来た。

最近、寒くてジョギングもサボりがち。
仕事以外、やる気が起こらないのだが
どうして、飲み食い欲だけは衰えないのだろう??

夕方まで、ブラブラして
そのまま、上馬のマイダイニング

「今まで食べたことないメニューあったっけ?」
という話になり、食べたのが
e0018374_11153744.jpg

今更のように、ガンバス アル アヒージョ。
でも、このシンプルかつ奥深いスペインタパスは
お店によって、全然味が違うのだ。
多分、何十というお店で(スペインでも)食べて来たが
やっぱり、ここのは旨い。
ニンニクが強すぎると、油を食べ辛くなるが
全てが、ちょうど良い。

知り合いの呑み友達たちが、わらわらと
偶然お店にやってきたので、盛り上がり
もう一皿、新しいメニューを頂く。

タラとジャガイモのサフラン煮込み
e0018374_1121481.jpg

おおっ、やるな平山!
たらの身はふっくらと、塩味がきいて
サフランの香りもふんわりとして
じゃがいもがソースにちょっと溶けて。
ああ、ホッとする。

ちょっと一杯のつもりで飲んで♪
何杯飲んだかな?
[PR]
by irdecopas | 2009-02-17 20:00 | ルナ ジェナ La Luna Llena