カテゴリ:チーズ Queso( 1 )

Mahón artesano

時々、通勤の途中で渋谷の東急フードショーに立ち寄る。
入ってすぐ左手にあるフェルミエのチーズ売り場
ケースの一番右端にある1・2種類しかないスペインチーズで
気になるものは、必ず買って試す習わし。

マオン アルティサノ 100g ◯◯円

と書いてあるタグが目に飛び込んだ。
artesano だから アル"テ"サノ じゃない?
と、すかさず心の中でツッコミを入れながら、100g購入。

仕事を終え、いつものマカナイの御礼にみんなで食べた。
e0018374_11193641.jpg

e0018374_11184334.jpg


ラップを開けた瞬間に、ぷあんと漂う特有の匂い。
『マオン Mahón』は地中海に浮かぶバレアレス諸島
メノルカ島のマオンという港町出身で、牛のミルクを使ったケソ。
表面をオリーブオイルとパプリカで被ってあり
断面は目の詰まった状態で、長期保存や航海に耐えるよう
作られているそうだ。

スペインのチーズ本によると、
マオンには2種類に大別される、とのこと。

"マオン" は低温殺菌乳 leche pasteurizada を使い
チーズ工場で作られるもの。それに対して
上の "マオン・アルテサノ"は、生乳 leche cruda
つまり非加熱・無殺菌乳を使い、職人の工房で作るもの。
とある。

なるほど、確かに、普段店で扱っている"マオン"より
もっとミルクの味が濃くて、塩味も少し強めだ。
ぬか漬けみたいな臭いも、する。
(色も、黄色みを帯びたものが多いが
 これは、少し灰色がかっている)
これは、熟成期間が2〜3ヶ月だそう
(えらく幅持たせるな・・)

というわけで、合わせたのは
『Canasta Cream』クリーム・シェリー。
これはコシネロSが同日たまたま、持参してくれたもの。
普通の"マオン"なら
隣島の香り豊かなAn/2 も良さそうなイメージだけど
個性派の"アルテサノ"には、ほの甘のシェリー!とピンと来た。
でも、もう少し甘みが少ない方がより良さそうだ、と
その場で、辛口シェリーをちょろっと足してみる。
(ミディアムが、なかったので)
ううーん、最高!止まらない旨さ。

チーズのまったり感がさらにアップして、
夜も深々とふけていく・・・・・

*Mahón (en español)
[PR]
by irdecopas | 2008-05-23 23:00 | チーズ Queso