カテゴリ:ワイン・シェリー Vinos( 57 )

里帰りスペインワイン会

昨年は連載でスペインの食やワインについて書く機会を頂き。

また、春にはトルコを旅し、ヨーロッパとアジアの間にある悠久の食文化に魅了され。

そして、夏から新しい仕事に忙殺される日々、この場に何かを記す気力さえ湧かずに居たのだが

ワインで人を繋ぐ機会を持ちたいという思いを持ち続けて

e0018374_2061984.jpg

やっとこの夏、一年ぶりに友人ソムリエールとワイン会を共催することが出来た。

協力を仰いだのは、中野で4周年を迎えたスペイン料理「イレーネ」の数井シェフ。

e0018374_2062149.jpg

奥様の名前を店名に、今や一児の父。世田谷ラ・ルナジェナの平山シェフを通じて、お店を開く前からのお付き合い。

そして、スペインとワインをこよなく愛する北澤ソムリエールの力を借りて、酷暑の最中、ようやく開催にこぎ着けた。

参加者の皆さんは、ワイン愛好者、スペイン関係者、元同僚の料理人やソムリエさん達、そして飲み友達…

そんな猛者方々に用意したワインは、全部で7種類。美味しくて、でも在り来りではなく新しい発見を感じて頂けるようなものを、と。

e0018374_2062378.jpg

まず最初は、お店からのウェルカムドリンク。お馴染みとなったマンサニージャ “ La Gitana ”

コピータと呼ばれるグラスに注いで、蓋をするように乗せられたのは『自家製モハマとサルモレホのコカ』。

「Tapasの原型で出しますよ!」と数井シェフ。こういう話がサラッと出るのも楽しく、盛り上がるもの。

今や日本中で知られている『タパス』の由来も、シェリーの産地、アンダルシアが発祥、薀蓄。

そして、3リットルの箱入りワインは

e0018374_2062435.jpg

“ Fina en rama ” 生シェリー。こちらは3年熟成した樽出しのマンサニージャをそのままの状態で箱詰めしたもの。よりフルーティで飲みやすく、杯が進む。

e0018374_2062511.jpg

「アルバリーニョの泡を出したい!」私が最も好きなスペインの白ブドウで造られた、瓶内二次発酵泡。品種が違うのでCAVAとは呼ばれない。

爽やかでキュート。キレのある酸と細やかな泡立ち。開け立ては少し華奢な感じ、「安いプロセッコみたいだった」北澤談。

しかし、少し時間を経て輪郭がハッキリと出て来た。香りも広がり、ググッと伸びのある味わいに。

「普通のワイングラスで出すべきだったね」と2人で反省。

スペイン定番のビナグレで頂く、北海道産の希少な生牡蠣と合わせたが(写真は我々の試食用)

前出の、ちょっと甘みのある『そうめんかぼちゃと生ハムのパイ包み』とも相性抜群。

だんだん皆さんの顔が綻んで、初対面の方々とも会話が弾む。その心地よい喧騒を聞きながら、ワインを注いで廻る時

料理とワインとお客様の盛り上がりが渾然一体となり、お店の雰囲気を醸し出すのを感じた。

まるで、演奏者と音と観客が織り成すコンサートの臨場感。

やはり楽しい、この仕事。
[PR]
by irdecopas | 2013-08-25 18:00 | ワイン・シェリー Vinos

Me gusta Sekt, tambien ゼクトも好き。

昨年春、ヘレンベルガーホーフという、ドイツワインのインポーターさんの試飲会で出会って以来、、、

e0018374_17524179.jpg


シャンパンに匹敵するくらい、ぞっこん惚れてしまった、泡。

ラッツェンベルガー バハラッヒャー クロスター フュルステンタール ゼクト b.A

とにかく長いんだ、ドイツ語の名前は。

鮮烈なリースリング100%

細かくてクリーミーな泡、あわあわ。

凝縮感のある、まさに『白ブドウ』の、フレッシュなアロマ

リースリングは白ブドウだから、当たり前やん

ワインの表現として稚拙やん? って言われてしまうかもしれへんけど

そこは、飲むりえーる。

とにかく、ふわーっと迫り来る果実味に、すっかり魅了された後

スパーン、と一撃。キレッキレの、酸。

可憐な香りとは裏腹に、ビシッと厳格なミネラル。

色白美人で、鋼の魂。ガンガン吠えるハードヒッター。

「これ、シャラポワやん」

ロシアだけど。

それはそうと、

バハラッヒャーは、ミッテルラインにある、世界遺産に指定された美しい村。

その、最大傾斜60°の畑から、2006年の選りすぐりのブドウのみで造られた、ミレジメ。

瓶内熟成期間は四年以上、何と、オーナー自らの手でピュピトル、動瓶作業を行って

年間一万本だけしか生産されない。

マンガ『神の雫』にも登場してしまい、毎年売り切れ御免。

クリスマスに店頭販売した時も、一番人気だった。

思い出したら、どうしても、無性に、飲みたくなり

厳寒の昨晩、頂いたのだ。

たまたま冷蔵庫にあった、キムチと味付け海苔に、シャラポワ。

不思議と、キムチの甘みと旨味が、リースリングの個性を引き立てる。

フルーティさが、一層、ぐぐぐーっと、全面に傑出してくる感じ。

相当に強いはずの酸やミネラルすら、丸く感じる。

面白い組み合わせだ。

シャラポワも、チマチョゴリを着たら、可愛くなっちゃうかも。

お気に入りは、味付け海苔。

e0018374_17525210.jpg


海苔のヨードと、リースリングのミネラルがバチッ

海苔の「味付け」がまた程甘くて、ワインの香りの邪魔をしない。

これだと、海苔とリースリングの両方が、お互いの良さを引き立て合って

海苔は海苔で香ばしく

リースはリースで爽やかに香り、スパーッと切れて

言うことなし!

シャラポワには、黒の清廉とした着物が、すごく似合うかも、しれない。

そんなことを考えながら

夜はふけていく。

ノムリエール。

※バハラッヒャー ゼクト、飲みたい人、ご相談あれ。
[PR]
by irdecopas | 2011-01-07 12:56 | ワイン・シェリー Vinos

媚薬

土曜深夜は、至福のシャンパンタイム。

お客様と一緒に、ちゃんと座って、頂いた(← これ、大事)

e0018374_12535978.jpg


好物を目前にすると、手ブレする。

鴨胸肉のソテーにオレンジ、ねぎ。

そして、ジロール茸とエシャロットのソテーを添えた一皿に

e0018374_1257081.jpg


ミシェル チュルジ 2002 ブラン ド ブラン

ル・メニル・シュール・オジェ村の、100%グランクリュから造られる、シャンパーニュ。

鴨×ジロール、鴨×オレンジ、鴨×ねぎ・・・

色んな組み合わせで、一口食べてはグビッ

もう一切れポイッ、グビッ・・・・・

「あー、やっぱりジロールとシャンパンが一番合うカモ」

幸せの境地に至っていると

e0018374_13595.jpg



「おおー、ピノ・グリのヴァンダンジュ・タルディヴ!!!珍しい!」

甘口好きのT氏、歓喜の声。

「鴨の脂×オレンジ には、やっぱりコレ。脂に甘みが融合して、口の中で膨らむ・・・」

はあ、旨い。

幸せの絶頂に浸っていると

e0018374_13124818.jpg


アルザス帰り、しがらき一年半熟成の、ゲヴェルツ 06 セレクション・グラン・ノーブル。

「原価で、みんなでワリカンね」

店主の声に

なみなみと甘口を注ぎ、グラスを握り締め、鼻を近づけて話さないT氏

「あああー、溶けそうッス」

ワインに酔いしれる喜びを知り始めた、若手M氏

「アタックは、子供のころに飲んだ、煎り出し麦茶!!!」

いや、紅茶、ダージリンのようだとか

喧々諤々。

全員が、ワインに翻弄され、陶酔した、一夜。

明日は、待ちに待った「死ぬまでに飲むべきシャンパーニュ」講座・・・

媚薬を口にし、薬に惚れてしまった。
[PR]
by irdecopas | 2010-10-11 13:28 | ワイン・シェリー Vinos

泡を求めて

この夏、今までの人生で最高の量、

至極沢山のシャンパンを、飲みに飲んだ。

特に、RM(レコルタン・マニピュラン)と言われる

小規模生産者の、もの。

もちろん、有名メゾンのシャンパンも、素晴らしいが

前者には、造り手の魂とも呼べるような、” 勢い” を感じるのだ。

飲むと、ゾクゾクしたり、興奮したり、感動したり、涙したり

ただ、酔うために飲むのではなくて。

その中でも、とても印象的だった、二本。

e0018374_16194311.jpg


ブリュット フルーロン 2000
ピエール ジモネ

シャルドネ。
「カキーン」と、脳の中で音が鳴った。
味わい、酸、熟成感、バランスが一向に崩れない。

繊細、洗練、優雅・・・・・ 

思わず、背筋を正してしまった。

e0018374_16173965.jpg



キュヴェ マリー カトリーヌ エクストラ ブリュット
フランソワ ビリオン

シャルドネの味に、また一つ驚いた。
強さのなかにある、優しさ。凛とした、輝き。
とにかく、忘れられない。
この夏で、一番、好きだった。
つべこべ、言わずに、もう一度飲みたい。

唯一無二のシャンパーニュに、もっと、出会いたい。
[PR]
by irdecopas | 2010-08-29 16:16 | ワイン・シェリー Vinos

L'ermita 1999

とうとう、開けてしまった。

e0018374_16423298.jpg


”聖母庵” という名のワイン。

プリオラートの四人衆と言われたうちの一人

アルバロ・パラシオスの、作品。

前職の、スペイン料理店退職の際

オーナーシェフからの、プレゼント。
(Dさん、頂きました!)

大切に、セラーで寝かされていたものを

恵比寿から、桜新町に移動して一年ちょっと。

ガルナッチャとカベルネソーヴィニヨンのブレンドで

熟したベリー、黒い果実と、カカオや土の力強さ

十年以上の熟成を経て

タンニンとたっぷりしたエキスがまるみを帯びて

複雑かつ、エレガントに。

しなやかに、延々と続く余韻。

なるほど、シャトーマルゴーで修行をした

彼の、真骨頂だ。

これまで

幸いに、格付ボルドーワインをいくつか経験できたから

この、スーパースパニッシュワインの

真価も感じることが、出来た。

バルセロナに行ったら、エルミタを探し出してみたい。

もう一度、感じたい。
[PR]
by irdecopas | 2010-03-01 16:38 | ワイン・シェリー Vinos

Stagsleap Wine Cellars en Yoga

魂の籠もったワインに魅了され

人生が大きく変わったのは、言うまでもないが

まだまだ、巡り会えていないものが

あまりにも、沢山あり過ぎる。

e0018374_16535990.jpg


「1976年の、パリテイスティング事件で、
一位になったスタッグスリープ。」

「CASK23が最上級、S.L.Vが優勝したワインで
そして、このFAYがあるんだよ。」

「1999年のFAYなんて、きっともう日本では手に入らないだろう」

思いがけず、長年憧れていた君に会ってしまったみたいに

胸がドキドキして、止まらない。

ボルドーグラスに、たっぷりと注がれたそれを
一口、含むと

芳醇な果実味が落ち着いて

ふわっ、としたブドウの甘さと、細かくこなれた

ビロードのようなタンニン。

女豹のようにしなやかで、キュッと凝縮した味わい。

夜中で、疲れているときに、普段赤は飲めないというのに

するするっと、喉を通っていく。

豊かな酸が、ある証拠。

うっとり、しながら

しっかり、30分かけて味わった。

最後、香りがグッと、甘く妖艶になり

「忘れないで」と、語りかけてくる。

BGMは、Madonnna ” GET TOGETHER ”

脳裏に刻まれた、用賀テイスティング。
[PR]
by irdecopas | 2010-02-08 16:46 | ワイン・シェリー Vinos

祝杯 los brindis

各方面から祝福のメッセージ、感謝感激。

図書館で睡眠学習していた甲斐もあったというもの(笑)

「伊達に、沢山飲んでた訳じゃなかったんだ」と
お思いの方々もいらっしゃるかと。

でも、まだまだ、足りない。

ドイツの、目の覚めるような "ザ・リースリング"

e0018374_942422.jpg

(Aさん、ご馳走さまでした)

香水のような、コンドリューのヴィオニエに酔いしれ。

e0018374_9425453.jpg

(Kさん Tさん 有り難う!)

早熟の美女 ヴォルネイのモノポール初体験、ため息。

e0018374_943496.jpg

(Yさん どうもです)

深夜に及ぶ仕事、肉体的にも精神的にも
時には疲労困憊することもあるけれど

サービス業に徹して
今後も精進していきたい。

素晴らしいワインに
そして、皆さんとの出会いに
¡ Salud !
[PR]
by irdecopas | 2009-11-06 09:35 | ワイン・シェリー Vinos

Michel Gros

鉄、血液、生肉・・・

e0018374_1352061.jpg


ニュイ・サンジョルジュ プルミエクリュ 2002
ミシェル・グロ。

昨年の夏、
ブルゴーニュに囚われの身となる
きっかけとなったワイン。

その時、初めてこれを一緒に開けた方が

今、天命をまっとうしようとしている。

いろいろなことを、教えて下さり

共に、真剣に、たくさん飲んだ。

もし、願いが叶うなら

もう一度、この匂いを嗅いで飲んで

新しい細胞、喜びを、ひとつでも、つくってほしい。
[PR]
by irdecopas | 2009-10-13 13:29 | ワイン・シェリー Vinos

Don Perignon 1999

なんだかんだ言っても。

e0018374_10455570.jpg


ドンペリ、1999年。

とても美しい女性と、しがらきで意気投合
一緒にみんなで頂いたので
さらに、極上の美味しさに・・・
(役得って、このこと!)

シャンパーニュ地方のエペルネーにある
モエ・エ・シャンドンを
6年前の10月、見学で訪れたことがあった。
豪華で瀟酒なメゾンの地下セラーは、
もの凄く広くて、迷路のようだった。

グランクリュ100%で、シャルドネとピノノワール半々。
もちろん、出来の良い年しか、造らないんですよと
日本人ガイド(8カ国語対応!!)が
説明してくれたっけ。

盲目の、ドンペリニョン僧侶像の前に立った時

銀座とか、歌舞伎町なんかのナイトクラブで
法外な値段をつけて
「ドンペリ、チャチャチャ!」とか言いながら
ポンポン開けるワインじゃないよなあと

心底、そう思ったけれど。

でも、やっぱり、華やかだし端正で、美しい。
だから、みんなが飲みたいんだ。

美味しいものは、美味しい。

理屈抜きに。
[PR]
by irdecopas | 2009-09-26 10:43 | ワイン・シェリー Vinos

一期一会 un tascano genial

またまた、驚きの1本・・・

e0018374_10582010.jpg


「ジュスト・ディ・ノートリ。本当はあんまり出したくないんだけど。」

2001年は、フラッグシップワインの「レディ・ガフィ」を凌ぐ
パーカーポイントを獲得、トスカーナ最高峰の造り手のワイン。

「ブルゴーニュも好きだけど、もうちょっとガツンと来る
 美味しいのが、飲みたいな。」

神戸から訪れたお客様のご希望に
寸分違わない、セレクション。

もう、今は出回っていない01ヴィンテージ。
カベルネソーヴィニヨン、メルロ、プチヴェルドのブレンド。

熟したブラックチェリー、ドライプルーンの甘酸っぱい香りが
ムンムンしたと思ったら、スパイシーで
ドロドロッとした、土臭いキノコや煙草の葉っぱ。
なめし革のような、ちょっとアニマルっぽい香り・・・
つぎつぎ、様々なアロマが押し寄せて来て。

タンニンは、すっかり綺麗に溶け込んでいる。
濃いのに、喉をするする〜っと通って
いつまでも、口一杯に余韻が残る。

「美味しい」の言葉しか、出て来ない。

この夜、お披露目されるその日まで
ずっと、店主に愛でられて来た、妖艶なトスカーナ娘。

スペインは、リベラ・デル・ドゥエロ
2001年のピンティアを、昨年秋に飲んだときのことを
思い出し。

手持ちの、マニアックなスペインワイン。
去年、記憶から捨て去る如く、全部飲んでしまったことを
ちょっと後悔したけれど

それを経て、今がある。

前を、見つめて。

我が十年後は、如何に???







 
[PR]
by irdecopas | 2009-09-24 10:55 | ワイン・シェリー Vinos