フランスの、garnacha

東京に戻って来た日の夕方。
羽田に着いたその足で、気分転換に髪型を変えようと美容院へ。
もう何年通っているだろう、行きつけは新宿。
珍しく、予約制ではないので気に入っている。
「切りたい、変えたい」と思い立った時、すぐ行けるからだ。

良い具合にしてもらって、帰路の途中。
超多忙につき、手伝ってくれるかと店主からの電話。
家に荷物を置き、一息入れてからお店へ出勤し、
一汗かいた。

ご褒美に、格安で飲ませてもらったワイン。
e0018374_13222450.jpg

Domaine L'Aiguilere
ドメーヌ・ラギュリエール 2004
モンペイルー/ラングドック
グルナッシュ100%

「南仏最高のグルナッシュ。スペインのと比較してみて」
と、店主。

開けたとたんに、ムンムンと立ちのぼる獣の香り。
ものすごい。
でも、ひとくち含むと、とてもエレガントな果実味。
青草や、木の枝のような植物の香りもする。
オークも綺麗に溶け込んで、酸味も全てバランスが良い。
スパイシーで芳醇、グルナッシュ特有のチャーミングさも備えている。
ゆっくりと、時間をかけて飲んでいると
一時間後には、ユリの花の香りがした。
(ああ、帰って来て良かった・笑)

スペインのガルナッチャは、ガツンと果実味が全面に出てくる。
カリニェナあたりのは古木が多く、もっともっと濃厚だし
プリオラート周辺はミネラリーでガッチリ堅い。
(他品種とのブレンドが多いが)
若飲みタイプのカジュアルなガルナッチャはジュースのよう。
そして、全般的に言えることは
フランスよりも確実に「甘い」のだ。

こういうガルナッチャをスペインで探したら
1本、4000〜5000円は下らないのでは・・・
いや、もっとするかもしれない。

南フランスの頑固なオヤジさんが造っている
希少なグルナッシュは、大人味。
[PR]
by irdecopas | 2009-02-22 22:00 | ワイン・シェリー Vinos
<< 一言、御礼。 伯耆富士 >>