Una fiesta en Kawasaki

今宵は誘われて川崎、スペイン人のオフィスで開かれるパーティーに参加
ワインを持参して 37番街へ。
お邪魔すると、気さくなスペインのおっちゃんが二人 お出迎え
参加者もほとんどが 在西・中南米経験のある日本人 勿論スペイン語は堪能
そわそわしつつ グラスを傾けて サルー!

お料理は全部パコさんの手作り。
「ガスパチョ」はすっきりと、飲みやすく
海の幸たっぷり、サフラン風味の「アロス・マリネロ」
「トルティージャ・デ・パタタ」はクアドロ!(四角)
お酢がきいて旨い「エンサラダ・デ・ガルバンソス」
「ポジョ・アル・アヒージョ」はピンチョ・スタイル
そして「ハモン・セラーノ」は骨付きで テーブルに鎮座
ペドロさんがコルタドール 次々廻ってきて わんこハモン状態。
せっかくなのでハモン切りも体験 
コツを教えてもらうと 結構薄く出来るもんだ
e0018374_12164596.jpg


飲み物は自家製サングリア、カバ、ビノ、クーバリブレ・・・
終いには ジョウロのような「ポロン」というデキャンタで廻し飲み 
口から溢れるわ 目に入るわ いと楽し。
初めて会った人ばかりなのに 皆やっぱり シンパティコ
別れの言葉はもちろん Hasta pronto!(またね)
[PR]
by irdecopas | 2005-09-11 19:43 | 東京生活 mi vida Tokio
<< 家めし--アロス・コン・アルメッハス 番外編--恐るべしトルコグルメ >>