銀座から日本橋へ--San Pau

最後においしーいワインが一杯のみたーい と言われたら
向かうべきはただ一つ「サン・パウ バー」
ますます強くなる風雨の中「コレド」の通じない運ちゃんに
「東急の日本橋店ね」と告げて。

重厚な木の扉の前に立つとスッと開く 手動ドア
ジーパンでびしょ濡れでも 今夜は許して頂戴
カウンターは先客アリ、初めて黒革ソファに通されすっぽり
馴染みになったソムリエ氏に「美味しいのを3つ」注文 

ボルドー好きの連れに出されたのは『レス・テラセス2002』プリオラート
完全に出来上がっているのに、分かるくらい良い香り と驚喜。

そしてもう一方には『マルケス・デ・バルガス1999』リオハ
こんなに美味いスペインのワイン、初めて飲んだとブルゴーニュ好きを唸らせた
やるなーー ソムリエ

そして我が杯にはナバーラのシャルドネ 銘柄は失念
フレッシュかつエレガント 酔って飲むのがもったいないくらい

明日のフライトは何時 夕方5時ならもう一杯行けるよねと
『ベンビブレ2002』
e0018374_14125120.jpg

ビエルソのメンシアという地場品種で作られた、日本では珍しい赤
おや、ブショネっぽいですねとソムリエ氏
結構土っぽい 良い感じで臭い濃い 酔っぱらいにはちょうど良いかも

そして極めつけは『シエラ・カンタブリア コレクシォン・プリヴァーダ2000』
これは間違いなく美味いのだ こんなの飲んだら 戻れなくなるよ ま、いいか

そろそろタイムアップ 新橋駅前びしょ濡れで 別れを惜しむ
もう、ディジョンの宿に着いただろうか・・・
 
[PR]
by irdecopas | 2005-08-25 22:30 | 東京生活 mi vida Tokio
<< スシ・デ・アトゥン 銀座バル巡り--Sherry ... >>