本堂エル・ポニエンテ

一夜明けて ランチは「エル・ポニエンテ」
北浜と淀屋橋の間 オフィス街にある 大阪一の正統派スペインレストラン。
長年ここで食べたいと思っていた 
大阪駅から散歩がてら歩いてきたのでいい具合に空腹

早速メニュー拝見 昨夜は肉だったので「A.お魚のランチ1890円」に決定。
でも、どうしても気になった『生ハムとイチジク』を一皿別に注文
シエラ・マジョール社の極上ハモンの下に美味しそうな生イチジクがごろり
取り分けて、いただく前に思わず接近
e0018374_1215586.jpg

上品な甘さのイチジクがハモンの味を際立たせて
メロンより間違いなくこちらに軍配が上がるだろう。 

そして本来のコースのプリメール・プラト
夏の風物詩『ガスパチョ』 飲んだ翌日に嬉しいこの味 すーっと喉を通る
e0018374_12202561.jpg


お待ちかねのお魚は『すずきのソテー&ナスのペースト キャビア添え』
e0018374_138322.jpg

焼き加減も良し、レモンの皮のソースがまたお洒落
一つ一つ丁寧に作ってある ランチでこの味が楽しめるのはさすがだ。

ポストレは盛り合わせで
e0018374_13134284.jpg

イリィのカップに入ったヨーグルトのシャーベット 甘くなくて美味しい。

グラスワインの白2杯とコーヒーも戴いて1人5000円 かなり贅沢なお昼
中之島の公会堂が目の前に見えて
e0018374_1321365.jpg

夜はまた格別の雰囲気だろう
[PR]
by irdecopas | 2005-08-23 12:00 | 大阪 Osaka
<< 腹ごなしコリア街 松野劇場 >>