最終地店 O Gato Negro

3年前のバル巡礼、旅のゴールはサンディアゴ・デ・コンポステラ。
やっと辿り着いた。

夕刻、彼の地に到着した時は、忘れもしない大雨。
宿を見つけて一休みの後、巡礼の客が多く訪れるという
旧市街の食堂 O Gato Negro へ。

地元の客、巡礼者たちの間に混じり
まずはリベイロでノドを潤す。
e0018374_14302100.jpg

クンカという白い陶器の杯、これで飲みたかったのだ。
アルコール度は低めで、まさににごり酒・・・
発酵途中の上澄みなのか。
カラダにすーーーーっと入って行く。思い出深い味。

Padrón という獅子唐のフリット、Almejas a la marinera に
お約束のPulpo a la feira を摘んで・・・

中でも、忘れられないのが
Berberecho ベルベレチョ
e0018374_14383695.jpg

日本だとザル貝というらしいが、小ぶりの赤貝のよう。
ただ塩ゆで&レモンで頂くのだが、プリプリして
手が、止まらない。これ、安いのがまた良し!
魚介が旨くて、しっとりとした緑のガリシア。
何となく、郷里の山陰を思い出しつつ、舌鼓。

翌日の店 Los Caracoles では
Lacón という塩漬け豚の料理。
e0018374_1554630.jpg

ビックリする程、塩辛かったのを覚えている。
ビエルソの赤、メンシアをガブガブ飲んだ。

e0018374_152683.jpg

e0018374_1532525.jpg


走行距離約680km、車の旅はこの地で終点。
もし行けるなら、今度はアストゥリアス経由で
ガリシアへ、行きたい。
[PR]
by irdecopas | 2007-04-20 21:00 | Camino de Santiago
<< ビノス覚え書き その2. Fé... ビノス覚え書き その1. Ju... >>