美登利寿司 en 経堂

お盆休み1日目は、やはりココへ行ってしまった・・・
経堂駅前の美登利寿司。
「いらっしゃいませっ!」
威勢の良い挨拶、まっすぐ伸びた白木のカウンター。
ホッと落ちついて、安心して美味しいものを食べられる幸せが、ここに。
生ビールは、サントリーのプレミアムモルツ。

付き出しの後、出てきた一品がとても気に入った。

e0018374_12552969.jpg『とこぶしと茄子浸し』
ふっくら、柔らかいとこぶしと、
冷たい茄子にお出汁が染み込んで・・・あー こういうのが食べたかった、と思わずつぶやく。



そして、今日お薦めのネタを適当にツマミにしてもらう。

e0018374_14272923.jpgマゴチの刺身』 
身が締まっていて、上品で、美味い。
まごちは、日本近海にしか生息しないそうだ。
自家製のポン酢がまた、ウマい。


e0018374_14282762.jpgサンマの刺身』
この時期は秋より脂が少なめで、お刺身にピッタリのシーズンなのだそう。ワタとバターを一緒に火を通した「ワタパテ」に、心奪われること5分。店長のヒロシくんにお替わりまで頂く・・・焼酎が・・・


e0018374_14285432.jpg『松茸の土瓶蒸し』
早っ!秋の風物詩。
おつゆも飲んで美味しいし、瓶の中を摘んでも、二度美味しい。やっぱり、和食は良いな〜


このお店の社長さん、実はつれの高校時代からの親友。
この日は、他にも色々と食べて、全部満足だったのだが、特に印象に残ったのは
「金目鯛の握り」(脂が乗って素晴らしい)、「車エビの握り」(注文の後、さっと茹でてから握る)、そして社長自ら握ってくれた「サーモン」!
ほんの少し炙って出してくれるのだが、これがまた最高だった。
良い感じにほろ酔いになると、細野さんが本物のマジシャンに見えてくる・・・
それは、何故か? 知りたい方は、今度是非ご一緒しましょう。
[PR]
by irdecopas | 2006-08-13 17:30 | 東京生活 mi vida Tokio
<< La cena del día... 超久々のフレンチ Le cep >>