友人との外食 Les vinum

7月末の日曜日、高校時代の友人同士6名で集まった。
「ジビエ炭火焼とワイン」というキーワードに、以前から食い意地のアンテナがビシビシ反応していた“Les vinum
赴任先タイから帰国した友達のお祝いが名目だったものの、私欲満載の選択。
広尾は香港ガーデンの裏路地、喧噪から少し離れた立地。
店の前には既に炭火焼の良い匂いが漂う。

『ほうれん草とベーコン、水瓜のシーザーサラダ』
e0018374_12215626.jpg

「すいかに塩」の延長線上、かと思いきや、結構美味でびっくり。


『オリーブとドライトマトのマリネ』
e0018374_14171862.jpg

この組み合わせ最高。オイル漬けオリーブの塩味と、トマトの甘みがバッチリ!





そして、前菜で一番人気だったのが
『うにの冷製カッペリーニ』
e0018374_1324115.jpg

お出汁のジュレ、じゅんさいも入って「和」 もちろん箸で頂く。

ワインが4400円均一、とても感じの良い女性スタッフのお薦めを
次々、飲む飲む。

Cape Mentel, Margaret River Sauvignon Blanc Semillon 2005
e0018374_13364743.jpg

豪州ソーヴィニヨン・ブランとセミヨン。
芳香さとスッキリ感が一本目にピッタリ。
(既に写真のピント合わず。すみません。)

Savannierers 2002 Chateau de Varennes
e0018374_13451533.jpg

独断でシュナン・ブラン。たっぷりとした果実味が、炭火焼にも合う。
夏にロワールの白が良いよね。

バンデ産うずらちゃん
e0018374_13504496.jpg

フォアグラのバルサミコソース
e0018374_1327507.jpg


そして、この日一番の我がお気に入りは、
シャラン鴨もも肉とフォアグラのつくね
e0018374_13533912.jpg

スパイシーで濃厚なつくね。こういうのもアリなんですね。

そして、思わず注文した赤ワインは・・・スペインでした(笑)
Condado de Haza 2002 
e0018374_13562126.jpg

慣れ親しんだアロマ〜 里帰りした心境で、飲む。

この他にも、イサキのカルパッチョサラダ、何かのフライ、鴨、イベリコ豚、入間産白豚、などなど。確か豪シラーも一本、開けたかな。
それにしても、皆よく食べるしよく飲む!
アルコールに強い遺伝子を持つ土地柄なんだろうか?
それとも、類は友を呼ぶ? 
二軒目は、カラオケでヤングナツメロを熱唱し、シメ。

このお店は日曜日営業しているので、嬉しい。
今度は秋以降、ジビエの季節にぜひとも。
[PR]
by irdecopas | 2006-08-06 20:00 | 東京生活 mi vida Tokio
<< 超久々のフレンチ Le cep ファミリアのお土産 >>