真夏の宴--エル・セルド

虎ノ門から一路銀座一丁目へ。
向かうはスパニッシュグリル「エル・セルド」
元ピンチョス・ベポの若いスタッフが切り盛りする 7月オープンの新バル。
カバで乾杯の後、パプリカ満載の「炙りタコのガリシア風」をつまみ
さっぱりとした一口「ガスパチョの冷製パスタ」
にんにくとハモンだしの利いた「ホワイトアスパラとあさりのソテー」
ビビッと来て頼んだ「塩漬豚の串焼き」
豚が店名だけあってなかなか旨い
「イベリコ豚の醤油ソテー」は「アジョッソ・クリアンサ2001」にピッタリとマッチ
スペインタパスもあれば、和テイストのメニューもあり
月曜というのに満席、なかなかの盛況ぶりだ。
もちろん突き出しのピンチョスもさりげないがキチっとした味
ニュースタイルのスペインバル、再訪の予感。
e0018374_14191656.jpg

[PR]
by irdecopas | 2005-08-01 21:00 | 東京生活 mi vida Tokio
<< ボカディージョ 腹ぺこヘレスの宴 >>