あまぞねす Amazonas

サラリーマン時代から、ずっと続いている。かれこれ、15年近く?

当時、仕事をきっかけに、いつしか社内で宴好きの女性たちが集まり

週に一度くらい会社の近くで「おつかれさまー」と、飲み始めたのがきっかけ。

同じ釜の飯を食った仲間、というのがしっくりくる。

その名も、「あまぞねすの会」。

今どきの、「女子会」ではなく、「あまぞねす」。

共稼ぎママも居れば、シングルマザーも。バツ有・無シングルもいるし、DINKSも・・・

ギリシャ神話に登場する、女性だけの狩猟民族。『強い女性』の象徴。

戦って、酒飲んで、飲まなくても、本気で食べる、女性たち・・・

前置きが長くてすんません。

本題へ。

今回の新春あまぞは、『Sさんお手製韓国料理で飲む』が、コンセプト。

実は、前回あまりの美味しさに、また甘えてしまった。

ビールで乾杯しながら、まず、自家製キムチに舌鼓。

e0018374_9172940.jpg


大根も白菜も、やっぱり冬に食べるものだと、心底。

程よくピリッと辛く、旨味もあって、あっさりとしているから、バリバリバリバリ

何時間も、ずーっと、食べ続けた。

ここで、キムチに合いそうだと用意していた、ベルギーのトラピストビールを抜く。

酵母の風味がフルーティで、良い感じ。

e0018374_924190.jpg


大ヒット、にらのキムチ。

「これは、今朝作って来たんだよ」と、Sさん。

へー!!!すごくシンプルなのに、にらの味を全ての調味料が上手く引き立てている・・・

すごーい、コリアン野菜料理は奥深い。これ、イタダキ。

e0018374_9293674.jpg


にんじんのジョン。

これがまた、ケーキみたいにほんのり甘くて。やっぱりコナもん、よろしいなー。

酢醤油につけて、ぱくぱく。

ワインは、僭越ながら我がセレクトで

やっぱり、ドイツのリースリングは外せない。カビネット、やや甘口でオイリーな舌触り。

洋ナシっぽい風味が、キムチとピッタリ。この組み合わせが大好きだ。

アルザスのゲヴェルツトラミネールも、華やかな香りがスパイシーな韓国料理とイイ感じ。

いずれも、酸はしっかりあるので、口の中がスッキリ。だから、次々食べられる・・・
(食べるのに夢中で、ワインの銘柄と写真、スッパリ失念)

e0018374_9572582.jpg


ほっこり優しい、タッカルビ。

とろけたジャガイモ、にんじんの甘みが、これまた絶妙。鶏肉も柔らかくて。

(おっと!!!やばい、料理作ってもらってばかりのSさんに、お酒注いでない!)

「あー、そろそろ鍋ですよねっ」

最年少のくせに、夢中で食べて喋ってばかり、これはマズイと重い腰を上げ。

カバを抜き、皆のグラスを満たし、ブリシャブの準備くらいしないと、バチが当たる・・・

e0018374_1003922.jpg


「美味しいじゃない!鍋に泡って、イイよねえ」

ホーーーーッ。一安心したところで、油断なく、次。

本日最上級のワイン、オーボンクリマのピノノワール、登場。

「んん、このピノは、酸っぱくなくて飲みやすい。さすが、ナイスな選択!」

脂の乗ったブリとポン酢と、このワインの組み合わせも、なかなか。

最後に、一本スペインのトロ赤を抜いて。

(途中でマッコリも、あったよね)

5人で6本、用意しておいて良かった。

そう、我らがあまぞねすは、狩猟の女神「アルテミス」のみならず

ワインの神「ディオニソス」にも、守られているのです・・・

次回は、「春あまぞ」。

今から、楽しみ・・・・・
[PR]
by irdecopas | 2011-02-04 09:34 | 東京生活 mi vida Tokio
<< 天麩羅とワイン tempra ... La Picada de Tr... >>