愛すること 2 amor


スペインでも、ワインでも食べることでもなく

抽象的な記事の、続き・・・


「愛を達成するための基本条件は、ナルシシズムの克服」

「人を愛するためには、(中略)

謙虚さと客観性を理性を育てなければならない。

自分の生活全体をこの目的に捧げなければならない。」


(尼寺にでも入らないと・・・・・)


「愛の技術の習練には『信じる』ことの習練が必要」


「理にかなった信念の根底にあるのは生産性である。」


(不倫ばかりしている人は・・・?)


「人は意識のうえでは愛されないことを恐れているが

ほんとうは、無意識のなかで

愛することを

恐れているのである。」


「愛するということは

なんの保障もないのに行動を起こすことであり、

こちらが愛せばきっと相手の心にも

愛が生まれるという希望に、

全面的に自分をゆだねることである。

わずかな信念しかもっていない人は

わずかしか愛することができない。」


(むむむ、キッツイな~)


往復ビンタ、されたみたいな気持ちになること

請け合い。

※エーリッヒ・フロム著
鈴木 晶 訳

「愛するということ」

紀伊国屋書店 刊
[PR]
by irdecopas | 2010-02-04 17:27 | 東京生活 mi vida Tokio
<< Stagsleap Wine ... 愛すること amor >>