Mucha España!

離れてみると、妙に恋しい・・・

スペインの雰囲気。

日曜日、もんじゃ焼きですっかり有名な月島の

「スペインクラブ」を、初めて訪問。

e0018374_12283061.jpg


名目は、「KさんとNさんのソムリエ合格祝いをダシに飲む会」

長年続いている、スペインワイン・料理関係方々とのお付き合い。

”心の拠り所”

久しぶりの皆さんとの再会は、心の底から楽しみで、嬉しいものだった。

e0018374_124005.jpg


" Salud!"

もちろん マンサニージャ。

e0018374_12402933.jpg


久々に口にしたアウロラ、石田純一ばりに

「まさに、オーロラの味わい」(笑)

e0018374_1240177.jpg


たまたま、試験会場で、通路を挟み斜めに席を並べたKさんとは

ちょうど、6年前から参加していた

スペイン業界主催のワイン勉強会で、一緒に良く飲んだ。

講師のTさんやAさん、その後お世話になったオーナーシェフDさんをはじめ

立場は様々な、業界内外の人たちと

ブラインドテイスティングを、楽しく真剣に味わったものだった。

当時は、ワインエキスパートに合格して

「は~ これでやっと好きなスペインワインに没頭できる!」との思いから

それが高じて、スペイン料理店に入ったのだった・・・

e0018374_1392730.jpg





当時は、スペイン最大のカバメーカーC社の日本市場担当

現在は、スペインワインコーディネーターとして活躍中の

T氏が手がけた、エミリオ・モロの2005年。

大好きな、造り手だった。

さすがは、año excelente!

すばらしい、エレガントなタンニンとしっかりした酸味。

「まだ、固い!」とT氏。

確かに、もっと何年か寝かせて熟成させたら、非常に楽しみなワイン。

e0018374_13342115.jpg

e0018374_1335846.jpg
e0018374_13352882.jpg


そして、本格的なフラメンコステージも拝見。

大御所、赤い衣装、Y 先生のバイレ。

たまたま聞き及んだが、還暦間近とは思えない。

ダイナミックで余裕すら感じる雰囲気。

日本人離れした体型と表情、ガツンとインパクトを受けた。

我が十年後、二十年後は

いったいどうしているのだろうか・・・

そんなことを考えながら、一杯、もう一杯。

日本人だけど、魂はスペインに捧げた人々との語らい。

我が原点を、ひとつ見つめた、一夜。
[PR]
by irdecopas | 2009-11-25 11:47 | 東京生活 mi vida Tokio
<< 新年遅々・・・ Callos a la mad... >>