Don Perignon 1999

なんだかんだ言っても。

e0018374_10455570.jpg


ドンペリ、1999年。

とても美しい女性と、しがらきで意気投合
一緒にみんなで頂いたので
さらに、極上の美味しさに・・・
(役得って、このこと!)

シャンパーニュ地方のエペルネーにある
モエ・エ・シャンドンを
6年前の10月、見学で訪れたことがあった。
豪華で瀟酒なメゾンの地下セラーは、
もの凄く広くて、迷路のようだった。

グランクリュ100%で、シャルドネとピノノワール半々。
もちろん、出来の良い年しか、造らないんですよと
日本人ガイド(8カ国語対応!!)が
説明してくれたっけ。

盲目の、ドンペリニョン僧侶像の前に立った時

銀座とか、歌舞伎町なんかのナイトクラブで
法外な値段をつけて
「ドンペリ、チャチャチャ!」とか言いながら
ポンポン開けるワインじゃないよなあと

心底、そう思ったけれど。

でも、やっぱり、華やかだし端正で、美しい。
だから、みんなが飲みたいんだ。

美味しいものは、美味しい。

理屈抜きに。
[PR]
by irdecopas | 2009-09-26 10:43 | ワイン・シェリー Vinos
<< Michel Gros 一期一会 un tascano... >>