クリスタル

ついに、開けてしまった・・・

四ヶ月前の誕生日に頂いた、ゴールデン・シャンパーニュ。

e0018374_1140013.jpg


ルイ・ロドレール クリスタル 2002
「ロシア皇帝アレクサンドル2世」が、こよなく愛したシャンパン。

世界中のセレブリティ、デビッド・ベッカムや
マライヤ・キャリーも大好きな
ルイロデの、キュヴェ・プレステージュ。

山本昭彦さん著作
「死ぬまでに飲みたい30本のシャンパン」の中で
「飲まずに死ぬと後悔する10本のシャンパン」の一つにも
挙げられている。

ルイ・ロドレール社の自社畑比率は75%と高い。
そして、格付100%のグラン・クリュ
良作年のブドウのみ使って作られる、最上級モノ。
しかも、現行の2002年は
栽培方法を、ビオデナミに切り替えた最初のビンテージなのだそう。

e0018374_1302141.jpg


高級フレグランスを身に纏い、グラマラスでゴージャスでも
ナチュラルメイクに見える、アンジェリーナ・ジョリー(笑)

「美味しくない」という人に会ってみたいと思う。

振り返ってみると、子どもの頃から
外国製の甘い高級チョコレートより、
凮月堂のゴーフルや、柿の種が好き。
テレビで見る有名人や芸能人には、何故か憧れを抱けず。
ブランドものの、お洒落な洋服にも興味はなくて。
テニスクラブのお姉様方から頂ける
お下がりの、フィラやエレッセのテニスウェアの方が
嬉しかった。




大人になり、ワインにハマってからも
ボルドーの有名シャトーより
お手頃で、同じくらい美味しいペスケラが好きになった。
シャンパンも、大手メゾンのリキュールたっぷり
ゴテゴテしたものより
小規模の、レコルタン・マニピュラン(自家栽培・醸造販売者)ものや
スッキリして、ブドウの味わいの濃い
ブルット・セロ(0)のカバが、好きだった。

7年程前、アルマン・ルソーのシャンベルタン '94
マグナムボトルをご馳走して頂いた(!)時も
「何て処女趣味。こんなに酸っぱいのの、どこが美味しい?」
と、正直、首を傾げた。
(今は、その瞬間に戻りたい!!!)

単に、「高級」と言われるものに手を出す資金と経験がなかったし、
どこかで、正直
「自分なんぞが、おこがましい」と思う気持ちも、あった。

しかし・・・

今や、その道に身を置くプロとして
味わっておくべきものがあるのだと、身を以て教えられ
飲ませて頂いたり、身銭を切ってみて、分かったこと。

上達するには、世界のトッププロのプレーを沢山見ること。
最高の演奏を何度も聴くことが、より良い音を奏でる第一歩のように

最高のブドウ、そしてワインを作るための
造り手の惜しみない資金と労力、そして英知と情熱をつぎ込んで
造られた賜物を "知らねばならない" 。

前置きが、かなり長くなったけれど
心して、じゃんじゃん飲んで行こうと誓った。

誰か、道連れになってくれませんか(笑)
[PR]
by irdecopas | 2009-08-03 13:38 | ワイン・シェリー Vinos
<< 帰省します! プースドールさん。 >>