奮起

東京は、梅雨の中、突然の夏日。

新鮮なズッキーニとナスを頂いたので
夏野菜の煮込みを作ろうと思い、今朝調理スタート。
でも、気が付いたら、数種類スパイスを入れていて
出来上がったら、カレーになっていた。

一昨日も、お店の鶏とレンズ豆スパイシー煮込みを元に
カレー、作ったばかりなのに。

最近、こんなことが多い。

「一杯だけ」と思って飲み始めたのに
4、5杯になってしまったり(笑)

堂々巡り。
どうも、溜め息が多い毎日。

でも、昨晩職場で突然背中を"ドン"と押された。

「こんなに一杯色々ワイン開けていて、ソムリエ受けろよ!
 とらなかったら、ただじゃおかないぞ。」

約二年の看病生活。
やっと働き続けながら、昨年ソムリエの受験資格を得られたが
それどころではなかった。
タイトルは、ワインエキスパート&ベネンシアドールのまま、
接客業6年目。

母を亡くして5ヶ月が経過、それまでの苦悩から開放されつつ
プレッシャーのかかることからは、
しばらく遠ざかりたかったのに。

でも、そんなに日常生活甘くないし。

店主の脅しのような励ましに
生来の負けん気が、頭をもたげて来た。

でも、誰のためでもない、自分のため。

ちょうど、先日JSAから40周年記念で
今年度の分厚い教本が進呈され、自宅に届いたばかり。
まるで、「試験受けてネ」と言わんばかりだ。
体の良い、宣伝活動にも便乗・・・

ともすると、くじけそうなモロい意欲と
アルコール漬けで壊死寸前の脳細胞が、
どこまで、復活なるか?

おかげさまで、抜栓したワインの本数と
飲んだワインの本数は、着々と増えている。
接客したお客様の場数も、しかりだ。

本番の10月に向けて、舌と実技と頭の訓練しなくては。

生命の危険を感じる(笑)

e0018374_1344221.jpg

(昨晩のマカナイ/ とろろ昆布うどん)
[PR]
by irdecopas | 2009-06-26 12:00 | 東京生活 mi vida Tokio
<< お魚料理 Pescados Paté con Amonti... >>