イカの墨煮 Calamares en su tinta

5月7日に、あっという間の開店一周年を迎えた
世田谷のスペイン料理、ラ・ルナ・ジェナ

ここの平山夫妻は、我が一週間店主の際
初日と千秋楽両方に来店してくれ、ずいぶんと助けられた。

お礼参りがてら(笑)オフの昨夜。
疲れもまだ少したまっていたので
カウンターに座り、ダラダラとお喋りしながら
ちょこちょこと、気の向いた料理を頂いた。

「食べてみて。」と最初に出された
豚肉入りエンパナーダ Empanada de cerdo
e0018374_12494782.jpg


ガリシア発祥の、スペイン風ミートパイなのだが
しっかりとお肉に塩味が効いて
持ち込んだ、レセルバのカバに、合う!
『ケーキ焼きの次は、これに挑戦するぞ』
密かに闘志を燃やしつつ、頂く。

「おっ、それ食べたい!」
他のお客様用に準備していた黒い物体を、すかさず注文。

小イカの墨煮 Calamares en su tinta
e0018374_1254817.jpg


ヤリイカと思われる、小ぶりのいかの胴体に
いかのゲソの他、色々詰め物が入っている。
(貴方が食べるまで内緒)
そして、このスミの味が何とも言えず、旨い!!!!!

こういう料理には、料理人の個性が出て
食べる方としては、とても楽しみなのだが
彼のそれは、後からじわーっとうま味を感じる。
滋養溢れる、という言葉がピッタリだ。

贅沢なことに、しがらき店主のフランス土産
チョコレートとスパイスを使った、印象的なピクルス様の瓶詰めを
少しずつ、一緒にパンと頂くと、
まるで、お漬け物&イカスミ飯を食べている錯覚に(笑)
とっても、懐かしい味わい。
ホーーーー 至福。

e0018374_13185652.jpg


コッテリした、バナナ様のアロマ漂うルエダの白と、合う。

もう、お腹が一杯なのだけれど
やっぱりここに来たら、シメにこれを。

e0018374_134271.jpg


Lentejas レンズ豆の煮込み。
季節を考えて、ちょっとあっさり目に仕上がっている。
いつもの、ギンディージャ(青唐辛子)をかじりながら頂くと
何故だか、するするっと、完食!!!

スペインさながらの、musicaもたっぷり。
ここに来ると、癒されて
翌日からの活力が、沸き上がる。

Muchas gracias por todo!
[PR]
by irdecopas | 2009-05-12 20:00 | ルナ ジェナ La Luna Llena
<< 焼きチーズケーキ 仲間 el compañero >>