「エキサイト公式プラチナブロガー」スタート!

里帰りスペインワイン会---その1

なかなか更新出来ずにいた、拙生のブログ「スペインめし」。

昨年までは連載でスペインの食やワインについて「書く」機会を頂き。

また、昨年春にはトルコを旅し、ヨーロッパとアジアの間にある悠久の食文化に魅了されたり。

そして、昨年夏から始めた新しい仕事に忙殺される日々を送る中、この場に何かを記す気力さえ湧かずに居たのだが。

「そろそろ何かやりたい」ワインで人を繋ぐ機会を持ちたいという思いを持ち続けて

e0018374_2061984.jpg

やっとこの夏、一年ぶりに友人ソムリエールとワイン会を共催することが出来た。

協力を仰いだのは、中野で4周年を迎えたスペイン料理「イレーネ」の数井シェフ。

e0018374_2062149.jpg

奥様の名前を店名に、今や一児の父。世田谷ラ・ルナジェナの平山シェフを通じて、お店を開く前からのお付き合い。

そして、スペインとワインをこよなく愛する北澤ソムリエールの力を借りて、酷暑の最中、ようやく開催にこぎ着けた。

参加者の皆さんは、ワイン愛好者、スペイン関係者、元同僚の料理人やソムリエさん達、そして飲み友達…

そんな猛者方々に用意したワインは、全部で7種類。美味しくて、でも在り来りではなく新しい発見を感じて頂けるようなものを、と。

e0018374_2062378.jpg

まず最初は、お店からのウェルカムドリンク。お馴染みとなったマンサニージャ “ La Gitana ”

コピータと呼ばれるグラスに注いで、蓋をするように乗せられたのは『自家製モハマとサルモレホのコカ』。

「Tapasの原型で出しますよ!」と数井シェフ。こういう話がサラッと出るのも楽しく、盛り上がるもの。

今や日本中で知られている『タパス』の由来も、シェリーの産地、アンダルシアが発祥、薀蓄。

そして、3リットルの箱入りワインは

e0018374_2062435.jpg

“ Fina en rama ” 生シェリー。こちらは3年熟成した樽出しのマンサニージャをそのままの状態で箱詰めしたもの。よりフルーティで飲みやすく、杯が進む。

e0018374_2062511.jpg

「アルバリーニョの泡を出したい!」私が最も好きなスペインの白ブドウで造られた、瓶内二次発酵泡。品種が違うのでCAVAとは呼ばれない。

爽やかでキュート。キレのある酸と細やかな泡立ち。開け立ては少し華奢な感じ、「安いプロセッコみたいだった」北澤談。

しかし、少し時間を経て輪郭がハッキリと出て来た。香りも広がり、ググッと伸びのある味わいに。

「普通のワイングラスで出すべきだったね」と2人で反省。

スペイン定番のビナグレで頂く、北海道産の希少な生牡蠣と合わせたが(写真は我々の試食用)

前出の、ちょっと甘みのある『そうめんかぼちゃと生ハムのパイ包み』とも相性抜群。

だんだん皆さんの顔が綻んで、初対面の方々とも会話が弾む。その心地よい喧騒を聞きながら、ワインを注いで廻る時

料理とワインとお客様の盛り上がりが渾然一体となり、お店の雰囲気を醸し出すのを感じた。

まるで、演奏者と音と観客が織り成すコンサートの臨場感。

やはり楽しい、この仕事。
[PR]
# by irdecopas | 2013-08-25 18:00 | ワイン・シェリー Vinos

キレイスタイル Kirei Style スペインネタ連載中。

大変ご無沙汰の更新は、今春のお知らせ。

このブログに端を発して

アラフォー、40代のキレイを追求する女性向けに

「情熱のスペイン 美食通信」という連載をやっています。

スペインを知らない方々にも、広く楽しんでいただければ幸い・・・

ソムリエール 西村 弥子の 情熱のスペイン 美食通信

エレガンスの極意は、飲んで食べること!

皆様のフォローを何卒よろしくお願い致します。
[PR]
# by irdecopas | 2012-04-25 10:20 | Mi Presentación

単行本に登場!

Twitter や SHOT Magazine でもお知らせして

しつこいくらいだけど、記録しておく。

日経新聞出版社の単行本に、「ワインコンシェルジュ」として

irdecopas が 実名で登場してしまいました。

e0018374_97624.jpg


日々の飲みっぷりと売りっぷりが著者と編集者の目に留まった模様。

まだまだ、本領は発揮していないので(笑)

来年の爆発っぷりに、乞うご期待。

ちなみに、年内は大晦日まで新宿三丁目に居ます。

クリスマスも、お正月も、せっせとワイン売り。

みなさま、良いお年を。
[PR]
# by irdecopas | 2011-12-28 09:09 | Mi Presentación

新しい私へ para nuevo yo

2011年9月25日(日) 本日で41歳5ヶ月と12日。

ここは東京都世田谷区の某病院。

先週末の緊急入院から9日。

過労が祟り、お腹を痛めたが、おかげさまで順調に快復して、明日退院。

ベッドに横たわるのも飽きてきたし、そろそろ良い機会。

長きに渡ってこのブログを読み、応援して下さった方々。友人達、お客様。

そして、新しく出会うひとへ、ご挨拶を兼ねての記事更新。

今やっている仕事の話
[PR]
# by irdecopas | 2011-09-25 21:50 | Mi Presentación

天麩羅とワイン tempra y vinos

ワインと料理の調和は、人の心を躍らせる。

美味しくて、興奮して、飲みすぎて、舌も滑らかになった木曜夜。

渋谷の天松さんで開かれた、しがらき発の女子会にて。

お通しは、まず湯葉豆腐。

e0018374_10271186.jpg


レネ・ミューレのクレマンダルザスと、三杯酢が合う。しかも、マグナム!

e0018374_1031258.jpg


やっぱりマグナムって円やかで美味しいよねーと言いながら

e0018374_10332955.jpg


パリッ、グビッ

ハートをグッと掴まれた。よし、飲むぞ!食べるぞ!!

e0018374_10405661.jpg


天ぷらは、塩、大根おろし(柚子風味)、天つゆ、梅肉だれ。すきなものをつけて、頂く。

さあ、お次は

毎年2月にリリースされると同時に売り切れる・・・

e0018374_1035362.jpg


ティエリー・ピュズラの「蔵」 畑でもぎたてのリンゴを食べているような。

e0018374_10381386.jpg


たらの芽。ほろ苦い、春の香り。

e0018374_103952100.jpg


きす、キス、KISS!!! ?

写真撮影失念、牡蠣の天ぷらと

e0018374_10463698.jpg


アリゴテ。樽使いが憎らしくて・・・
シャルドネに負けず劣らず、気品たっぷり。

e0018374_1050348.jpg


レンコン。しゃきしゃき。

e0018374_10545754.jpg


アルザスを代表する、クリスチャン・ビネールのリースリング。これも、なんとマグナム!!!

あくまでも上質な、ハチミツの香り。永遠に、飲んでいたくなる…

もう、この辺からちょっと、ぶわーーーーーーっとして。

撮り忘れてしまった、素晴らしいピノ・ノワール。

なんと、イランシーというマイナーACと・・・

e0018374_10532761.jpg


アナゴさん。天松さんの程よい濃さのつゆに大根おろし。浸して、ぱくっと口に入れて

ピノをぐびっと飲むべし。ふー。

天ぷらは他にも春野菜いろいろ。

e0018374_10593310.jpg


酒かす。ほんのり白カビチーズのようで。

おっと、飲むの忘れちゃいけませんよ。

e0018374_1112423.jpg


フォジェール ヴァリニエール。レオン・バラルの、2002年。

今日のマグナム3本目!

素晴らしすぎて。

さあて、10名で一体何本開いたのか?

夜は更けゆくごとに、宴席は盛り上がり。

このほかに、差し入れのロゼと、ソーテルヌで、〆。

二次会は、みなさん、桜新町ですよー!!

電車の中でさぞかし騒がしかったことと存じます。

この場を借りて、陳謝。。

次回の女子会は、何処でいたしましょうか。
[PR]
# by irdecopas | 2011-02-24 19:00

あまぞねす Amazonas

サラリーマン時代から、ずっと続いている。かれこれ、15年近く?

当時、仕事をきっかけに、いつしか社内で宴好きの女性たちが集まり

週に一度くらい会社の近くで「おつかれさまー」と、飲み始めたのがきっかけ。

同じ釜の飯を食った仲間・・・みたいな。

今でいう「女子会」ってやつだ。でも、我らが真の名は、、、

「あまぞねすの会」(笑)

だいたい、「女子会」なんて響きが、どこか商業チックで、本当はイヤ。

イイ年した女性捕まえて「女子」って一括りにするのも

一昔前、番組でオバサンを「お嬢さん」って呼んでた、みのもんたを思い出したり。

でも、んー、「婦人会」(笑)、「淑女会」? オイオイ、それこそ野暮ったい。

結局、「女子」という響きに、何となく若々しくて楽しかった頃の懐かしい感じがあるから、なんだな。

まあ、いっか。使いやすいし。

とにかく、我らが「あまぞねす」には

共稼ぎママも居れば、シングルマザーも。バツ有・無シングルもいるし、DINKSも・・・

ギリシャ神話に登場する、女性だけの狩猟民族。『強い女性』の象徴。

戦って、酒飲んで、本気で食べる、女性たち・・・(笑)

前置きが長くてすんません。

本題へ。

今回の新春あまぞは、『Sさんお手製韓国料理で飲む』が、コンセプト。

実は、前回あまりの美味しさに、また甘えてしまった。

ビールで乾杯しながら、まず、自家製キムチに舌鼓。

e0018374_9172940.jpg


大根も白菜も、やっぱり冬に食べるものだと、心底。

程よくピリッと辛く、旨味もあって、あっさりとしているから、バリバリバリバリ

何時間も、ずーっと、食べ続けた。

ここで、キムチに合いそうだと用意していた、ベルギーのトラピストビールを抜く。

酵母の風味がフルーティで、良い感じ。

e0018374_924190.jpg


大ヒット、にらのキムチ。

「これは、今朝作って来たんだよ」と、Sさん。

へー!!!すごくシンプルなのに、にらの味を全ての調味料が上手く引き立てている・・・

すごーい、コリアン野菜料理は奥深い。これ、イタダキ。

e0018374_9293674.jpg


にんじんのジョン。

これがまた、ケーキみたいにほんのり甘くて。やっぱりコナもん、よろしいなー。

酢醤油につけて、ぱくぱく。

ワインは、僭越ながら我がセレクトで

やっぱり、ドイツのリースリングは外せない。カビネット、やや甘口でオイリーな舌触り。

洋ナシっぽい風味が、キムチとピッタリ。この組み合わせが大好きだ。

アルザスのゲヴェルツトラミネールも、華やかな香りがスパイシーな韓国料理とイイ感じ。

いずれも、酸はしっかりあるので、口の中がスッキリ。だから、次々食べられる・・・
(食べるのに夢中で、ワインの銘柄と写真、スッパリ失念)

e0018374_9572582.jpg


ほっこり優しい、タッカルビ。

とろけたジャガイモ、にんじんの甘みが、これまた絶妙。鶏肉も柔らかくて。

(おっと!!!やばい、料理作ってもらってばかりのSさんに、お酒注いでない!)

「あー、そろそろ鍋ですよねっ」

最年少のくせに、夢中で食べて喋ってばかり、これはマズイと重い腰を上げ。

カバを抜き、皆のグラスを満たし、ブリシャブの準備くらいしないと、バチが当たる・・・

e0018374_1003922.jpg


「美味しいじゃない!鍋に泡って、イイよねえ」

ホーーーーッ。一安心したところで、油断なく、次。

本日最上級のワイン、オーボンクリマのピノノワール、登場。

「んん、このピノは、酸っぱくなくて飲みやすい。さすが、ナイスな選択!」

脂の乗ったブリとポン酢と、このワインの組み合わせも、なかなか。

最後に、一本スペインのトロ赤を抜いて。

(途中でマッコリも、あったよね)

5人で6本、用意しておいて良かった。

そう、我らがあまぞねすは、狩猟の女神「アルテミス」のみならず

ワインの神「ディオニソス」にも、守られているのです・・・

次回は、「春あまぞ」。

今から、楽しみ・・・・・
[PR]
# by irdecopas | 2011-02-04 09:34 | 東京生活 mi vida Tokio

La Picada de Tres @ 浦安

「ジョルディ、久しぶり!」

一年半ぶりに会った。
頬とほおを合わせてべシート、
スペイン式挨拶から始まった、再会。

初めて降り立った、東西線、浦安駅。
魚市場もある、海の匂いがする街。

カラシ色の、瀟洒な建物の一階
暖かい日差しの差し込むレストランに、彼はいた。

恵比寿時代の、元・我が同僚でシェフ。
日本で気を吐いているカタルーニャ出身料理人の、ひとり。

カタルーニャ帰りのtomoさんと、お寿司屋さんと
カスティージョ ペレラーダの、ワンランク上のカバで乾杯ののち…

e0018374_352224.jpg


彼が、我々の為に用意してくれていた前菜。たっぷり三人前。

店名の La Picada ピカーダ とは、カタルーニャ料理に欠かせない、隠し味。
オリーブオイル、パン、にんにくやナッツ、スパイスなどをペースト状にしたもの。

「三人の ちから、ミックスの意味が、アリマス」

ジョルディは、開店前にわざわざ桜新町まで訪ねてくれて。
新しい店名について、そう説明してくれたっけ。

e0018374_3522416.jpg


絶品のガンバス アル アヒージョ。オイルを乳化させて、ピル ピル 状態に。
にんにくの旨味がとてもよい具合に溶け出して、最高!!

e0018374_1364037.jpg


「うわ、ジョルディの、味!!」

彼の内臓料理、何とイベリコ豚のハラミ、ハツ、レバー。シッカリ塩味、容赦のないガツン系、でも、正統派のウマさ。
玉ねぎの甘みとワインと、肉の旨味があいまって。The 西洋料理!ワインがすすむ・・・ 

e0018374_1363822.jpg


このお店が直輸入している、アルザスのピノブラン。この、ジョルディ味に負けない白。
キュートでフルーティな香り。伸びのあるミネラル、キレのよい酸。
バランスよし、エチケットのお顔もよし。

e0018374_1364233.jpg




「鴨のお肉を十五種類のスパイスで煮込んだものを、包み焼きにして、キャラメルとサフランのソースで仕上げています。ピスタチオ、いちじく、アプリコットと一緒にどうぞ」

イケメンサービス担当の彼は、一時間かけて、浦安まで通っているそう。

ジョルディの師匠、ジャン ポールは、有名になる前の エル ブリの料理長も務めたフランス人。そのお皿が、時空を越えて。

お肉とフルーツとスパイス。地中海沿岸、カタルーニャと、アラブまで入った、渾然一体の味。

パリパリとした皮と、中身を一緒に食べると。ジョルディらしさが、口一杯に溢れた。

e0018374_1364417.jpg


ついに、渡り蟹のパエリャ!

e0018374_1364568.jpg


うん、これはまさに、La Picada de Tres
日本の食材、ワタリガニと米、そして、ピカーダ。全てが、お互いをひきたてあって。

たっぷり二時間かけて、おしゃべりしながら。これこそ、本場のスペイン料理。

e0018374_13646100.jpg


自由な今だからこそ、味わえる贅沢なひととき。

Gracies Jordi !

また会いに来るね。地中海の香りが漂う、浦安に。
[PR]
# by irdecopas | 2011-01-25 12:28 | 東京生活 mi vida Tokio

フィガロ Figaro

『フィガロ』って、何を思い浮かべる?

モーツァルトが作曲した、オペラ作品の最高傑作

「フィガロの結婚」の、主人公。

「セビリアの理髪師」の続編、18世紀半ば、スペインはセビーリャの伯爵の館が舞台

床屋でなんでも屋のフィガロが、伯爵の恋路を手助けして、家臣に出世。

従者となったフィガロが、伯爵邸の女中と結婚しようとした、式の当日に。

何と、その愛しい結婚相手を、伯爵が誘惑しようと狙っている。

浮気モノの伯爵を、ギャフンと言わせよう。

怒ったフィガロは、ある作戦を企てる・・・・・

e0018374_1623622.jpg


我が、ゴルフクラブの名前。

今年初めて、手にしたドライバー。

何度観ても楽しい、喜劇の中の喜劇、「フィガロの結婚」

様々な場面に、様々な視点から、多角的に笑いが仕組まれている作品。

封建貴族の家臣が繰り広げる事件を風刺した、痛烈な貴族批判

そして、ハッピーエンドのお話。

それが、思いも寄らないところに。

アイアンセットは、十数年前の、軽量メンズを使っている。

でも、ドライバーは、やっぱりレディース向けの方が軽くて使いやすいし

これが、意外にも 結構飛ぶんだ。

マルマンの製品開発者と、マーケティング担当者の思いが込められている?

したたかに、コースメイキングをしながらも

実力は勿論のこと

自然、気候条件や、精神状態に阻まれて

思惑通りには、なかなか行かない

リスクを回避しながら、起こるハプニングを受け止めながら。

決して、策に溺れることなく、一打一打を大切に

真摯に、集中して、ホールを狙う。

そして、グリーンには

喜びに溢れた笑顔と喝采が、待っている・・・・・はず。

明朗快活で、賢い従者「フィガロ」がついていれば

我がゴルフも、最高傑作になる、はず?!

自分次第で、ね。
[PR]
# by irdecopas | 2011-01-20 16:08 | ゴルフ Golf

ツナのエンパナーダ empanada de atún

「お腹すいたー 何かちょっと食べたい」

そんなわがままが言えるのも、ここ、ルナジェナ だから。

e0018374_1063411.jpg


「今日は、ツナ入りね。」

エンパナーダ(詳しくはこちら)、具入りのペイストリー。スペイン、ポルトガルが起源の料理。

パクっと、ひとくち。

生地はさっくり、パイとパンの中間のようで

中身の具は、しっとり。 

ぎゅっと、旨みが凝縮した、ツナとトマトソース。

生地に包まれることを前提の、しっかりとした味付け。

この生地で、このソースを 包んで焼き上げるからこそ

お互いが、相乗効果で、美味しくなる。

包み、包まれるって、なんて幸せなこと・・・

ほんわか、心が温まる。

我が食卓。
[PR]
# by irdecopas | 2011-01-20 11:11 | ルナ ジェナ La Luna Llena

Me gusta Sekt, tambien ゼクトも好き。

昨年春、ヘレンベルガーホーフという、ドイツワインのインポーターさんの試飲会で出会って以来、、、

e0018374_17524179.jpg


シャンパンに匹敵するくらい、ぞっこん惚れてしまった、泡。

ラッツェンベルガー バハラッヒャー クロスター フュルステンタール ゼクト b.A

とにかく長いんだ、ドイツ語の名前は。

鮮烈なリースリング100%

細かくてクリーミーな泡、あわあわ。

凝縮感のある、まさに『白ブドウ』の、フレッシュなアロマ

リースリングは白ブドウだから、当たり前やん

ワインの表現として稚拙やん? って言われてしまうかもしれへんけど

そこは、飲むりえーる。

とにかく、ふわーっと迫り来る果実味に、すっかり魅了された後

スパーン、と一撃。キレッキレの、酸。

可憐な香りとは裏腹に、ビシッと厳格なミネラル。

色白美人で、鋼の魂。ガンガン吠えるハードヒッター。

「これ、シャラポワやん」

ロシアだけど。

それはそうと、

バハラッヒャーは、ミッテルラインにある、世界遺産に指定された美しい村。

その、最大傾斜60°の畑から、2006年の選りすぐりのブドウのみで造られた、ミレジメ。

瓶内熟成期間は四年以上、何と、オーナー自らの手でピュピトル、動瓶作業を行って

年間一万本だけしか生産されない。

マンガ『神の雫』にも登場してしまい、毎年売り切れ御免。

クリスマスに店頭販売した時も、一番人気だった。

思い出したら、どうしても、無性に、飲みたくなり

厳寒の昨晩、頂いたのだ。

たまたま冷蔵庫にあった、キムチと味付け海苔に、シャラポワ。

不思議と、キムチの甘みと旨味が、リースリングの個性を引き立てる。

フルーティさが、一層、ぐぐぐーっと、全面に傑出してくる感じ。

相当に強いはずの酸やミネラルすら、丸く感じる。

面白い組み合わせだ。

シャラポワも、チマチョゴリを着たら、可愛くなっちゃうかも。

お気に入りは、味付け海苔。

e0018374_17525210.jpg


海苔のヨードと、リースリングのミネラルがバチッ

海苔の「味付け」がまた程甘くて、ワインの香りの邪魔をしない。

これだと、海苔とリースリングの両方が、お互いの良さを引き立て合って

海苔は海苔で香ばしく

リースはリースで爽やかに香り、スパーッと切れて

言うことなし!

シャラポワには、黒の清廉とした着物が、すごく似合うかも、しれない。

そんなことを考えながら

夜はふけていく。

ノムリエール。

※バハラッヒャー ゼクト、飲みたい人、ご相談あれ。
[PR]
# by irdecopas | 2011-01-07 12:56 | ワイン・シェリー Vinos